会社のような組織で働いていると、理不尽なことばかりですよね。

訳もわからず一方的に仕事や責任を押し付けられたり、暴言を吐かれたり…

この異常な環境に、ただただストレスが溜まっていきますよね。

 

そして我慢すればするほど理不尽はエスカレートし、あなたの心を追い詰めていきます。

腹立たしいことに理不尽は特定のタイプの人がターゲットになり、その人が頑張れば頑張るほど追い討ちをかけてきます。

 

ただ、これには確実な解決方法が存在します。

理不尽は考え方をシフトし、行動を起こすことで100%解決できます。

 

理不尽にウンザリしているなら、この機会を活用し、ぜひ改善に向けて行動を起こしてみて下さい。

理不尽などというくだらないストレスに頭を悩ませる、無駄な時間は終わりにしましょう。

 

全ての人間は未熟である

まず、理不尽から解放される為には大前提として理解しておかなければならないことがあります。

それは「全ての人間は拙く愚かで、本当に未熟な存在である」ということです。

 

上司も経営者も、教会にいる神父でさえも、ちっぽけな一つの生き物です。

そんな人間が立ち上げた会社も、当然未熟な存在です。

 

理不尽というのは、たった一人の人間の未熟さから生まれるものです。

暴言を吐いたり、人の意見も聞かずに一方的に何かを押し付けたり、

ひどい場合にはくだらない嫌がらせや八つ当たりだってしますよね。

 

結局、本質的な部分では三歳児の子供と何にも変わりません。

人ではなく会社の仕組み自体に問題があったとしても、その仕組みを作ったのも人間です。

 

会社や大きな組織にいると、「理不尽」というものが逆らいようのない大きな力に感じてしまいませんか?

でも、実際は違うんです。

向こうが正しいわけでも、強いわけでもありません。

 

私たちは戦うこともできれば、逃げることもできます。

そんな幼稚なものに泣き寝入りする必要はどこにもないんです。

 

確かに、自分の意見に絶対的な自信を持っている人は強く、正しく見えてしまいます。

そういう人は嫌われることも多いですが、慕われることが多いのも事実です。

さらに自分を大きく見せるのが上手く、いわゆるカリスマ性というものを持っています。

 

でも、その人が正しいなどという証拠はどこにもありません。

相手も私たちも、未熟でちっぽけな一人の人間なのです。

 

まずはその事実を受け入れてあげましょう。

この大前提を理解しておくだけで、理不尽に対する耐性や解決力がグンと上がりますよ。

 

長い物には巻かれるべきか?

上の項目で「人間は未熟な存在で、相手が強いわけでも正しいわけでもない」というお話をしました。

ただそうは言っても、自分よりも権力を持っている人間に逆らえば無傷ではいられませんよね。

 

私は試行錯誤した結果、状況によって以下の二つを使い分けるのがベストだと判断しました。

①全員が同じ扱いを受けているなら、慎重に様子を見る

②自分のみが理不尽な扱いを受けているなら、すぐに戦うか逃げるかで決着をつける

 

①のように全員が同じ扱いを受けている場合は、慎重に様子を見ていきます。

ケースバイケースで対策を取ったり、大人しく従ったりと、自分や周囲の状況を見極めつつ慎重に行動していきます。

そもそも全員が平等な扱いを受けていれば、耐えきれないほどのストレスにはならなかったりしますよね。

 

②の、自分のみが理不尽な扱いを受けている、これが一番の問題です。

この場合には相手が目上の人間でも巻かれてはいけません、戦うか逃げるかを選択しないと心を折られてしまいます。

 

理不尽は結局、真面目な人や温厚な人のように、攻撃されやすいタイプの人に集中します。

人は自分が可愛い生き物なので、自分より強い者や噛み付いてきそうな者に対しては攻撃できません。

本能的に「自分より下だ」と判断した相手に対してだけ攻撃的になります。

 

理不尽(攻撃)の対象になってしまったということは、それはもはやサンドバッグと同じ状態です。

八つ当たりなどのストレス発散にも利用されますし、消耗していくだけの暗い未来しかありません。

 

この場合には戦うか逃げる(辞める)か、決断をするしかありません。

まずは戦う場合の対処法、改善策について次の項目でお話していきますね。

 

理不尽を受ける時の対処法

当たり前の話ですが、理不尽の解決方法は改善するか・辞めるかの二択です。

まずは、改善する方法についてお話をしていきたいと思います。

 

結果から言うと、今の主従関係を壊すしかありません。

今は相手が上で、あなたが下になっているのです。

 

行き場のないストレスをあなたに八つ当たりしたり、嫌なことを押し付けたり…

あなたは利用され、甘えられているのです。

 

ではどうしたらその主従関係を壊せるのか?

それはあなたが「相手とは対等だ」という意識を持って行動することです。

 

上司は社員としては目上の人になりますが、人間としてはあくまで対等です。

何でもすぐに謝ったりしてはいけませんし、違うと思ったことには意見していく必要があります。

 

最初は相手も頭に血を上らせるかもしれませんが、最初だけです。

あなたがしっかりと自己主張し、噛み付くようになれば必ず相手の攻撃が減っていきます。

人間の思考は単純で「こいつは反撃してくる」と思った瞬間に、攻撃できなくなるのです。

 

余談ですが、赤ん坊は寂しい時・かまって欲しい時に叫び声を上げて泣きますよね?

でも、無視し続けていると泣かなくなるのをご存じですか?

泣く度にかまっていると、赤ん坊は「泣く=かまってもらえる」ということを学習するんです。

 

逆に泣き声を無視し続けていると、赤ん坊は「泣く=何も起こらない」ということを学習するんです。

その原理を利用し、理不尽を要求してくる相手に学習させればいいのです。

あなたが必要な時は反撃し、普段は適当に流しておけば相手は理不尽を要求できなくなります。

 

もし「そんなことできるわけないじゃん…」と思われるなら、もう辞めるしか道はありません。

あなたと同じような優しい人が集まった環境を探すのがベストだと思います。

 

ただ、基本的に優しい人、物腰の柔らかい人、穏やかな人など…

こういったタイプの人はどこに行っても周りから甘えられますし、利用されやすいです。

多少は戦う力を身に付けておかないと、ビジネスの世界では生きていきづらいと思います。

 

本当はあなたのような優しい人こそ、一番恵まれていてほしいのですが…

ビジネスの世界は本当に過酷です。

 

理不尽を撲滅させた私の体験談

上の項目でお伝えした改善方法、「主従関係を壊して理不尽を要求させないこと」は私自身が実証済みです。

私がまだブラック企業の社畜として、毎日パワハラを受けながら終電近くまで働いていた頃のお話です。

 

私の場合はまさに、私一人だけが理不尽な扱いを受けているような状況でした。

温厚な性格を利用され、仕事や責任などの負担を全て押し付けられていました。

 

真面目でイエスマンでいつもニコニコしていて、何かあったらすぐ謝ってしまうような性格だったので格好の餌食だったと思います。

その頃はもう、上司からも客からも暴言の嵐で人間としての扱いを受けていませんでした

 

そんな環境で起こったのが、私が態度を変えた瞬間にパワハラがなくなったという出来事です。

限界まで追い詰められておかしくなった私は、「もういいや…」と思って上司や客に反撃するようになったんです。

 

上司から怒られても「そんなの知りませんよ」と言い返し、退社後の電話は無視し、

客からの理不尽な依頼にも「もう定時過ぎてるんで無理ですね」と言って電話を切ったり。

 

「もう何も言われても構わないし、クビになればいいな」程度に思っていました。

ところが、それを機に周りからの扱いが丁重になったのです。

 

それまでは「おい、お前これ終わるまで今日は帰るなよ」と仕事を振られていたのが、

「matsu君、忙しいところ悪いんだけどこれお願いできる…?」という具合に、周りの態度が180度変わりました。

 

正直呆れ果てましたが、自己主張をしっかりするだけで環境がこんなに変わるのか…と、とても驚きました。

その発見をした後は、仕事でもプライベートでも色々な場面で実験しました。

 

実際、丁寧で物腰柔らかく対応すると相手は高圧的な態度を取ってくることが多く、

こちらがはっきりと自己主張し、高圧的な態度を取ると相手は丁寧に対応をしてきます。

 

人間は思った以上に単純で、こちらの行動次第で相手の行動を簡単に変えることができます。

性格を悪くするわけではありません。

あくまで自己主張をしっかりし、相手と対等な立場を築くことが重要なのです。

 

今すぐ理不尽から解放される為には?

ここまでで、あなたの行動次第で相手の態度を変えることができるというお話をしてきました。

でも精神的に疲れきっていたり、戦う気力がない時だってありますよね。

そんな時に無理をして戦っても、さらに心が病んでしまうだけかもしれません。

 

そんな時は思い切って逃げましょう。

転職・退職をして一度戦場から離れ、思いっきりリフレッシュしましょう。

心が健康に戻ってから、またゆっくりと頑張っていけばいいのですから。

 

そんな時に取るべき行動は、具体的に二通りあります。

①今の仕事と並行して転職活動を始める

②リフレッシュを優先し、先に会社を辞める

 

①今の仕事と並行して転職活動を始める

転職は、選択肢を増やす素晴らしい活動です。

求人情報のチェックや転職活動を並行し、良い会社が見つかった時にいつでも移れるようにしておきます。

 

「今の会社なんていつでも辞められる」と思ったら、すごく心に余裕が持てますよね。

心に余裕を持つと、気力が湧いてきます。

そしてその気力や心の余裕があなたの態度に現れ、理不尽が減ることすらあります。

 

まずは転職エージェントに登録し、他社の情報を仕入れ、今の環境と比較検討してみませんか?

当サイトではキャリアスタートという転職エージェントをおすすめしています。

20代の若手を専門にした少数精鋭の転職エージェントで、徹底した二人三脚のサポートを行っています。

 

時間を充分に確保したマンツーマンの面談では、あなたの希望をより明確に伝えることができます。

ホワイト企業のみと提携しているキャリアスタートは、今よりも遥かに働きやすい環境を紹介してくれるはずです。

 

キャリアスタートがどんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

また、転職でも「どれだけ自己主張をしっかりできるか」がポイントになります。

私はこの自己主張ができずにブラック企業にぶち込まれ、転職に大失敗しました。

失敗の全てを赤裸々に綴ってありますので、反面教師としてぜひ参考にしてやってください。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

キャリアスタートは、あなたの人柄を活かせるような働きやすい仕事を紹介してくれるはずです。

上手く活用し、あなたの人柄を長所として活かせるような環境を見つけて下さいね。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談

 

②リフレッシュを優先し、先に会社を辞める

精神的に追い込まれている時は、生活に問題がなければ先に辞めてしまうのも一つの選択肢です。

それにストレスを感じながら嫌々働く時間は、何もあなたを成長させてくれません。

 

だったら早々に退職し、リフレッシュに専念した方がよっぽど生産的です。

心が健康に戻ってから、またゆっくりと頑張ればいいんですから。

 

12ヶ月以上雇用保険に加入していれば失業手当も受け取れますし、こういった制度も上手く活用していきましょう。

※受給する為の条件はしっかりと確認して下さいね。

 

ただ、仕事の理不尽に悩まされている人に一番多いのが「会社を辞められない」ということなんです。

「会社に迷惑がかかる」「上手く伝えられない」「精神的に病んで正常な判断ができない」「会社が辞めさせてくれない」etc...

やっぱり優しい性格の人が多いからなのか、辞めるのも大変なんですね。

 

そういった場合には、思い切って退職代行サービスを活用しましょう。

退職代行サービスは「有休消化したい」等の特別な要望がなければ、即日退社することも可能です。

その場合には退職の手続きを全て丸投げし、あなたは明日から会社に行かなくてもよくなります。

 

「でも結局最後は自分で電話をしたり、会社を訪問したり、気まずい思いをすることになるんでしょ…」

と思われたかもしれませんが、全て丸投げできるので大丈夫なんです。

上司からかかってきた電話も無視でOK、本当に何一つ気まずい思いをすることなく、ストレスフリーで退職できます。

 

もし興味があれば、こちらの記事を読んでみて下さい。

価格・具体的なサービス・使い方から利用者の声まで、退職代行の特徴を細かくご紹介しています。

→ 退職代行とは?全て丸投げ、明日から会社に行かなくていいって本当?

 

転職をするのか退職をするのかは、今のあなたが良いと思った方を選んで下さい。

一番大切なのは、まずは行動に移すことです。

平穏な生活を一日でも早く実現する為、まずは一歩踏み出してみましょう!