毎日毎日、人は何の為に働くのだろうか?

苦しい思いをしながら、なぜ身を削ってまで会社の為に働かなければならないのか?

苦しくて虚しくて、頭がおかしくなってしまいそうですよね。

 

衣食住が保障されている恵まれた現代において、仕事ばかりの生活なんて苦痛でしかありません。

しかし、生きていく為に働くことから逃げられないのも事実です。

 

働く意味を求めたところで、きっと納得できる答えなんて見つからないのです。

嘆きながら生きていても、結局苦しさが倍増するだけなのです。

 

働く意味を求めようとするあなたは、哲学的思考を持っています。

あなたは間違いなく、視点を変えることで人生を幸せにできる大きな力を持っています。

 

少数派であるあなたは、これまで納得のいかない世の中の仕組みに葛藤を繰り返してきたと思います。

この記事では働く意味や、どんな生き方をすれば幸せになれるのかについて私の考えを述べています。

ぜひあなたの考えと照らし合わせ、あなた自身が幸せに過ごせる生き方を模索してみて下さい。

 

働くのは全て自分の為

満員電車で押しつぶされながら出勤し、仕事では上司や客に何度も頭を下げ、時間内に終わらなければ残業。

こんな修行のような毎日を送り続けるのは、全て自分の為なのです。

 

お金を稼ぎたい、社会貢献したい、家族を幸せにしたい、生活を豊かにしたい、

働く目的には様々なものがありますが、共通しているのは全て自分の為だということです。

 

「誰かの役に立ちたい」という社会貢献も、言い換えれば自分の存在意義を感じたいが為の行為です。

人から「ありがとう」と言われて嬉しいのは、自分の存在意義を感じることができるからですよね。

家族を幸せにしたいのも、大好きな家族が幸せになることで自分も幸福感を得られるからです。

 

「世のため人のため」という言葉がありますが、全ての人間は自分の為に生きています。

自分が幸せになる為に、世のため人のために何かをするのです。

 

社会貢献は自己肯定感を上げるのに非常に有効な手段である為、多くの人が関心を持っているのです。

社会で生きている以上、社会に貢献することで自分の価値を実感できるからです。

 

ビジネスの世界に踏み込むと理不尽ばかりですよね。

怒り・嫉妬・八つ当たり・責任の擦り付け合い等…見たくないものばかりです。

そんな環境で心をすり減らしてまで皆が働き続けるのは、自分が生きる為なんです。

 

全ての人が自分の為に働いていて、自分もまた自分の為に働く。

そう考えると少しは「やるしかないか…」という気持ちが出てきませんか?

 

「死」に対しての実感がない

私たちがなぜ働く意味を求めてしまうのか?

それは「死」というものを身近に感じられない環境で生きているからです。

 

元号は令和に変わり、私たちは本当に恵まれた環境で生きていますよね。

そして、この平穏な日々がずっと続くことを誰一人として疑っていません。

衣食住に困らず、なんだかんだ言って社会保障も整っています。

 

恵まれた環境が当たり前になってしまったことで、生きることの大変さや素晴らしさを忘れてしまっているのです。

だから、ただ働くことにも苦痛を感じて意味を見出そうとするのです。

 

もし明日の食料を確保できるかどうかもわからないような必死の生活だったら、否が応でも働きますよね。

「なんで毎日働かなきゃいけないんだ…」などとは思わないですよね。

 

急な例えですが、原始時代は食料を確保する為に狩りに出ていましたよね?

私たちが生きる現代は、食料が提供されているのにわざわざ狩りに出ているような感覚だと思います。

「なんで食料があるのに、危険を冒してまで狩りに出なきゃいけないの?」という考え方です。

 

しかし、恵まれた現代においても生きる為に必死になる時が訪れるのです。

それは40代、50代と歳を重ねた時です。

頼れる家族はいなくなり、心も孤独になり、若さと体力が失われていきます。

 

下手をしたら病気をするかもしれません。

そんな環境で生きていく為には、若いうちに築いた資産が必要なのです。

資産と言うのはお金だけではありません、知識・経験・スキル等全てが資産です。

 

どれだけ過酷な環境になっても、私たちは生きていかなければいけません。

人生を投げ出す勇気なんて普通の人にはないからです。

 

どれだけ物欲のない人でも、食欲や睡眠欲はありますよね?

それは「生きたい」という欲求を持っている証拠です。

つまり私たちは、生きる為に働かなければいけないのです。

 

今働きながら築いている資産は、将来の自分への投資なのです。

 

働く意味より生きる目的を

働く意味ばかりを求めていると、心が疲れて病んでいく一方です。

働く意味よりも、生きる目的を探す旅に出ませんか?

 

働く意味を求めてしまうのは、働くことに納得がいかず苦しんでいるからですよね。

でもそれが起きてしまうのは、生きる目的がないからではないですか?

 

例えば、

・プロのダンサーになりたい

・マイホームを購入して家族と幸せに暮らしたい

・一生釣りに明け暮れて生きていきたい

 

こういった生きる目的があれば、仕事に意味を見出そうとなんてしませんよね。

仕事はそれを実現する為に必要な金策ツールになるわけですから。

働くことに意味を見出そうとするほど苦痛を感じるのは、人生に目的がないからなんです。

 

「仕事がつまらない、辞めたい」「働きたくない」と嘆いていても何も変わらないですし、自分が不幸になるだけです。

これからはプライベートでの活動範囲を広げ、自分探しの旅に出てみるのも悪くないと思いますよ。

 

行動範囲・人脈を広げ、もっと広い世界を知ればワクワクする何かに出会えるかもしれません。

生きる目的を探す行為自体だって、考えようによっては楽しめるはずです。

一つの道しるべができたわけですから。

 

私たちは自分が思っている以上に狭い枠の中で生きています。

人生において生きがいと呼べるものに出会えれば、きっと働く意味は自然と生まれてきますよ。

 

常識をぶち壊して幸せになる

世の中の大半の人は働くことに疑問など抱きません。

働く意味など求めず、当たり前のように毎日仕事に打ち込んでいます。

「働く意味がわからない」なんて言ったら、そういう人たちは鼻で笑うかもしれませんね。

 

でも、私はこの疑問こそが人生を素晴らしいものにしているのだと思います。

ただ流されるまま多数派として生きていくのではなく、その中でも自分らしく在ろうとすることが大切だからです。

 

あなたが少数派で世の中の流れに納得がいかないなら、一層のこと頭のネジを外して開き直ってみませんか?

私たちのような少数派は、世間体や一般論を気にすれば気にするほど苦しみます。

世の中も一般常識も関係なく、自分らしさを追求すればいいのです。

 

確かに、働いていかなければいけないという事実は変わりません。

どこかの資産家にでも生まれない限り、働かずに生きていくことはできません。

 

でもある程度の流れに従わなければいけないとしても、心を解き放つことで自由になれるんです。

例えばどうしても働くことが嫌なら、フリーターになるという手もあります。

もしくは「1年働く→失業保険を利用しながら半年ニート」を繰り返すという手もあります。

 

どんな生き方でも、あなたの意志一つで実現できるのです。

それで将来苦しむことになっても自業自得ですし、他人にそれを責める権利はありません。

常識や一般論を、頭の中から放り捨ててしまえばスッキリしますよ。

 

働くことに意味を見出そうとするあなたは変わっています。

でもそんな変わった考え方を持っているからこそ、自分の人生と向き合い続けることで人とは違った幸せを掴めるかもしれません。

 

この社会の中で、あなたが幸せになれる在り方を探し続けて下さい。

あなただけの特別な、素晴らしい人生になるはずです。

 

あなたは仕事運が最悪かも

働くことに苦痛を感じ、働く意味を求めてしまう人は仕事運が悪いかもしれません。

なぜなら、恵まれた仕事環境で充実した日々を送っている人はそんな疑問を抱かないからです。

 

実は私もブラック企業で働いていた頃は、毎日が苦痛で心が悲鳴を上げていました。

「こんな苦しい思いをしてまで、なんで毎日働き続けなきゃいけないの?人生って何なんだよ…」

そんな思いをずっと胸に秘めていました。

 

でも、ホワイト企業に転職して毎日が充実してくるうちに、そんな疑問を抱かなくなりました。

「ただ自分の人生を豊かにする為に頑張ろう」と自然と仕事に打ち込めるようになりました。

自分でも気付いていない環境の影響は本当に大きいと思います。

 

あなたが今いる環境はどうですか?

環境が良いのに、それでも働くことが苦痛だと感じるなら仕方ありません。

でも、人間関係や仕事・会社の雰囲気に苦痛を感じているなら環境を変えることで心が楽になるかもしれません。

 

どうせ今の環境に未練も執着もないのであれば、思い切って環境を変えてみませんか?

苦痛しか感じない今の環境に居続けても、得るものなんて何もないはずです。

 

働く意味を考えてしまうあなたは、バリバリ働く会社よりも自分のペースで働ける環境の方が合っていると思います。

無理なく働ける、ストレスの少ないホワイトな環境を実現してみませんか?

 

当サイトではキャリアスタートという、20代の若手を専門にした少数精鋭の転職エージェントをおすすめしています。

ホワイト企業のみを紹介しているのはもちろん、マンツーマンでの面談など丁寧なサポート体制を実現しています。

 

あなたの希望する働き方をしっかりと伝えれば、それを実現する為のサポートを行ってくれます。

今の苦しみを少しでも減らす為に、まずは試しに転職活動をしてみませんか?

違うと思ったらいつでもやめてしまえばいいのですから。

 

あなたが自分らしく在れる環境を掴み取って下さいね。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談

 

 

また、もしあなたが「もう面倒くさい人間関係や神経を使う仕事はウンザリだ」と思っているなら、工場勤務の仕事がおすすめです。

私も昔は倉庫業をしていましたが、体力メインの作業なので気持ち的にすごく楽です。

 

ビジネス色の強い仕事だと、どうしても顧客との関係や社内の人間関係で余計な気を遣いますからね。

細かい仕事や様々な案件を抱えているとオフの時間も気が休まらないですし、精神的に疲れます。

「今は疲れてるし、自分探しの旅もしたいから休憩したい」という場合には工場勤務がピッタリです。

 

当サイトでご紹介している工場ワークスという転職サイトは、仕事だけでなく雇用形態も豊富です。

正社員・契約社員・パート・アルバイト・派遣等…様々な雇用形態の求人が揃っています。

 

期間・出勤日数・労働時間・仕事内容等を細かく指定し、あなたが希望する無理のない働き方ができます。

自分探しの旅をする間には、非常に使い勝手が良いと思います。

上手く活用し、負担のない働き方を見つけて下さいね。

公式サイトから登録 → 【工場ワークス】 

 

※参考までに、サイトの特徴・使い方はこちらで説明しています。

→ 製造業・工場勤務の求人に特化した【工場ワークス】