「人間関係によるストレスに耐えられず退職を決意したけど、これでよかったのか?」

「退職が決まったはいいけど次の仕事は見つかるのか、見つかった所で上手くやっていけるのか?」

自分の意志で決めたことなのに、いざ退職が決まると様々な不安が頭をよぎりませんか?

 

繊細で傷付きやすいあなたは、常に最悪の事態を想像して色々と悩み・考えてしまうのだと思います。

でもあんまり思い詰めると体調を悪化させてしまいますし、あなたのパフォーマンスを下げてしまうんですよ?

 

大丈夫です、あなたの選択は何も間違っていません。

次の仕事も見つかりますし、しっかりと前を向いて努力していけば必ず今より良い未来を実現できます。

 

私自身も優柔不断な性格や打たれ弱い心が原因で、色々な不安に悩まされてきました。

ずっと悩んできたからこそ、こんな時どうすれば良いか正しいアドバイスをできるつもりです。

参考程度でもいいので、ぜひ一度お読みいただければ嬉しいです。

 

あなたの選択は間違っていない

辞めるという選択は本当に正しかったのか、ただの甘えではないのか?

今の職場には良いところもあるし、何より自分を雇ってくれる会社なんて他にないんじゃないか?

 

大丈夫です。

あなたの選択は正しいですし、辞めることは甘えでも何でもありません。

次の仕事だって簡単ではありませんが、努力を続けていれば必ず見つかります。

 

あなたが悩み、考え続けて出した答えならそれが全てです。

決まったことに不安を感じていても仕方ないので、これからのことに気持ちを向けていきましょう。

 

私も優柔不断な性格なので、悩むお気持ちはよくわかります。

辞めたいと思っていたのに、辞めると決まった途端に「辞めない方がいい理由」を探してしまうんですよね。

 

急に職場の良いところが見えてきたりして…

あなたも気付いていると思いますが、「隣の芝生は青く見える」というやつです。

自分の職場じゃなくなるから、良く見えてしまうんですね。

 

でも、もし辞めずに仕事を続けていたら限界を超えて倒れてしまっていたと思います。

なので私が代わりに断言します、あなたの選択は絶対に間違っていません。

 

私にはあなたの人生の責任を取る力はありません。

でも、前向きに努力していくことで今よりも良い人生が実現できることは断言できます。

私自身が経験したことだからです。

 

辞めた後のことは大丈夫!

大した学歴も職歴もないし、次の仕事なんて見つからないんじゃないか?

なるべく対人関係の少ない仕事を選ぼうと思っているけど、この先上手くやっていけるのだろうか…?

 

辞めることが決まると、一番不安になるのが今後の生活や人生のことですよね。

次の仕事が決まるまで収入が途絶えるわけですし、今回のことを考えると次の仕事も不安ですよね。

 

でも、そのことについてもご心配には及びません。

今回の退職は失敗ではなく、貴重な経験だからです。

 

もちろんこのまま自己分析もせず、次の仕事を何となくで決めてしまえば次こそ失敗するでしょう。

今回の職場での経験を振り返り、しっかりと自己分析して次に活かしていきましょう。

 

自分にとって耐えがたいストレスとは何なのか、逆にどんな仕事なら許容できるのか?

ざっくりではなく、紙に書き出すぐらい細かく考えてみて下さい。

 

例えば、下記のような感じです。

【接客のように他人と話すのは苦痛だけど、職場の同僚なら問題なくコミュニケーションが取れる】

【人とコミュケーションを取りながら進める仕事は苦手だけど、一人で黙々とやる仕事なら苦痛に感じない】

 

このように書き出せるだけ書き出してみると、あなたの個性が浮き出てくると思います。

長所・短所を正確に把握すると、意外と自分に向いている仕事があることに気付きます。

 

今の仕事場ではあなたの長所が活かせず、短所が目立ってしまっただけの話なのです。

自分の選択に自信を持って、前向きな気持ちで一歩ずつ進んでいきましょう。

 

もう限界…働く自信がない時は?

仕事も収入も失うなんて不安で仕方ない、前向きになんてなれない…

これから上手く生きていけるかもわからないし、何もかも辛すぎる…

 

あなたが今こんな風に感じているなら、無理に前向きになんてならないで下さい。

心が疲れきっている状態なので、辞めた後は何も考えずにとにかく休んで下さい。

 

貯金・実家・失業保険、ありとあらゆるものを駆使して休暇を取りましょう。

好きなだけダラダラして、好きなだけ遊んで、休み疲れるまで休んでしまいましょう。

 

繊細なあなたは、人よりも消耗が激しいだけなんです。

ひたすら休んでいれば、必ず心が立ち直る時が訪れます。

 

「あ、いけるかも」と思った時が、再び立ち上がる時です。

※このタイミングを無視して休み続けると、次第に気力が戻らなくなり引きこもりになってしまうので注意です。

 

人間は心が疲れていると前向きになんてなれませんし、無理に前向きになろうとすると心を病みます。

疲れている時は何も考えず、ひたすら休むことが大切なんです。

 

どうしても前向きな気持ちになれない時はそんな自分を責めるのではなく、ゆっくり休んで下さいね。

 

繊細なあなたに足りないもの

繊細なあなたには一つだけ、楽観的な考え方が足りていないかもしれません。

あなたの真面目さは素晴らしい長所ですが、疲れやすいという欠点も兼ねています。

もっと気楽に考えて下さい、人生は何とかなるものです。

 

少し下品な例えになってしまいますが…顔を上げて世の中を見渡してみて下さい。

マナーのかけらもない人、スマホ歩きをして前をみない人、いらっしゃいませも言えない店員 etc...

こんな人たちでも、仕事を見つけて生活できているんです。

 

言い換えれば、健康な体さえあれば生活できない人はいないのです。

むしろ真面目で感受性の強いあなたにはこれから先、人とは違う素晴らしい人生が待っているはずです。

あなただからこそ活躍できるような、素晴らしい仕事にも巡り合えるはずです。

 

人生は悪いことばかりではありません、もっと気楽に・ポジティブに考えてみて下さい。

悪いことや嫌なことばかり意識していると、気持ちがネガティブになって不幸なオーラを纏います。

そうすると、あなた自ら悪いものを引き寄せてしまいますよ。

 

ちなみに、不安を抱えていると何をやっても上手くいかなくなるのをご存知でしたか?

不安が人のパフォーマンスを大きく低下させてしまうのです。

 

逆にポジティブな人、楽観的な人は何をやっても成功しやすいと言われているんです。

常に最大限のパフォーマンスを発揮できるからです。

 

これはなぜだと思いますか?

 

実は、不安思考の強い人は「失敗したらどうしよう」「自分なんかには無理だ」という気持ちから強い緊張感が生まれ、その緊張感が発揮できる能力を大きく制限してしまうと言われているんです。

それに対してポジティブな人、楽観的な人は「何とかなるでしょ」「失敗しても次で取り返せばいいや」というリラックスした気持ちから、常に最大限の能力が発揮できると言われているんです。

 

※余談ですが、経営者や成功者に楽観的な人が多いのはこういった理由からと言われています。

 

つまり、不安を抱えていても損ばかりしてしまうのです。

楽観的でいることで、様々な場面で得をすることができるのです。

もちろん頭ではわかっていても、簡単に気持ちを切り替えることは難しいですよね。

 

なので、これから先少しずつ気持ちを切り替えるよう意識してみませんか?

 

人は膨大な時間を生きていきますし、その中で膨大な数の出来事に直面します。

その出来事一つ一つに対して50%のパフォーマンスで挑むのか、100%のパフォーマンスで挑むのかで人生は大きく変わってきますよね。

一つ一つの影響は微々たるものかもしれませんが、積み重なれば人生は幸にも不幸にも大きく変わります。

 

私もこの事実を知ってから、常に楽観的に生きるように意識しています。

まだ100%実践はできていませんが、それでも日々の幸福感が大きく上がったことは間違いありません。

 

昔だったら「どうしよう…もうダメだ…」と思っていたことも、今は「まぁ何とかなるでしょ」と思えるようになりました。

そのおかげで精神的なストレスが軽減し、性格が明るくなったことで世界が広がったように思います。

 

あなたも私と一緒に、楽観的な性格を目指して明るく生きていきませんか?

きっと人生が楽しく思える時がくるはずです。

 

あなたに合った仕事は?

繊細で優しいあなたには、ビジネス色の強い仕事は向かないかもしれません。

そういった仕事だと顧客とのやり取りは避けて通れないですし、どうしても精神的なプレッシャーが大きいからです。

さらにビジネス界は気の強い人が多い為、優しい人・気の弱い人は利用されやすい傾向にあります。

 

繊細で優しい人にこそ、私は製造業・工場勤務の仕事が合っているのではないかと思います。

もちろん人間関係によるストレスがゼロというわけではありません。

どこにでも厳しい上司はいますし、性格の悪い社員やパートだっていると思います。

 

ただ、顧客との直接的なやり取りがないのは製造業・工場勤務ぐらいだと思います。

営業をかけたり、クレーム対応を行ったり、納期調整に神経をとがらせたり…

このような精神的プレッシャーの大きい、胃の痛くなるような仕事がないのは大きな魅力だと思います。

 

また職場にもよりますが、現場仕事をしている人は厳しく見えて実は面倒見の良い人が多いです。

両方経験している私は断言できますが、スーツを着ている人たちよりは圧倒的に性格が良いです。

 

それに、実は製造業は平均年収が意外と高いのをご存知でしたか?

20代で300~400万、30代で400~500万と、事務職よりも圧倒的に高年収なんです。

 

製造業・工場勤務についてもっと具体的にイメージしていただく為、ぜひこちらの記事をご覧になってみて下さい。

長所・短所などについての現場の人の声や、収入・労働条件についてまとめてあります。

→ 「製造業のやりがいと悩み」現場のリアルな声を集めてみた

 

また、製造業・工場勤務の仕事を探すなら、当サイトでは工場ワークスというサイトをおすすめしています。

業界No.1のサイトで27000件以上の求人を扱っており、仕事も専門職から軽作業まで豊富に揃っています。

 

転職エージェントのように担当者がつかないので、行動を急かされたりペースを乱されることはありません。

あなたのペースで、無理なく興味のある仕事を探すことができます。

 

雇用形態も正社員・契約社員・派遣・パート・アルバイト・紹介予定派遣と一通り揃っているので、

あなたに合った無理のない働き方を選ぶことができます。

ほとんどが未経験歓迎の求人なので、経歴を気にする必要もありません。

 

工場ワークスについてのもっと詳しい情報や、サイトの使い方についてはこちらのページでご説明しています。

→ 製造業・工場勤務の求人に特化した【工場ワークス】※体験談有り

 

直接公式サイトをご覧になる場合は、こちらからお願いします。

公式サイト → 【工場ワークス】

工場勤務をしながら、本当にやりたい仕事を探すのもいいと思います。

ぜひ、あなたの今後の人生をより良いものにする為に役立てて下さいね。

 

手に職をつけるなら

「対人関係は苦手だけど、手に職をつけたい。今後の為にスキルアップしたい」

もしあなたがこのように考えているなら、ITエンジニアを選択肢の一つに加えてみませんか?

 

ITエンジニアは技術職なので、対人よりも一人で作業に没頭する時間がメインとなります。

スキルが上がれば上がるほど仕事を選べますし、将来的にはフリーランスという道もあります。

いずれにしても、これほど強力な武器になるスキルはなかなか無いと思います。

 

ただ、ITエンジニアを目指すとなるといくつか問題が出てきますよね。

未経験から目指すのは厳しいのでは…?この手のスクールは受講料がすごく高いのでは…? etc...

 

そこで、当サイトではITCE Academyというスクールをご紹介しています。

未経験からITエンジニアを目指す為の、無料スクールです。

一ヶ月間の無料研修を受けた後、ITCE Academyが紹介している企業に就職するというスクールです。

 

生徒が就職すればITCE Academyは紹介先の企業から報酬を受け取ることができます。

だからこそ無料で有料レベルの研修を実施しているのです。

 

研修で基礎を身に付け、実際に職場で経験を積むことで、確かなスキルアップを実現することができます。

紹介先の企業はホワイト企業なので、入社後の定着率は現在100%をキープしています。

ブラック企業に入社させられるようなことはありませんので、そこはご安心ください。

 

その代わりスクールの場所や年齢には制限があります。

もし詳細が気になる場合は、こちらの記事をご覧になってみて下さい。

※スクールの長所・短所などの特徴や、条件・利用方法などについて詳しくご説明しています。

→ 未経験→ITエンジニアへ!本気の20代をサポートする【ITCE Academy】

 

選択肢の一つとして、前向きに検討してみて下さい。

このスキルは必ずあなたの人生を支え、将来を豊かにしてくれるはずです。

 

後悔のないように充分に検討を重ね、幸せな未来を掴み取って下さいね。