慣れない仕事・向いていない仕事にミスを連発、毎日怒られてばかり…

もともとメンタルが強くない為、ストレスで体調も崩している…

辛い、辞めたいと思いながらもどうすることもできず、毎日苦しみ続けていませんか?

 

あまりにも怒られすぎていると、もはや何が悪いのかもわからなくなってきますよね。

精神的に追い詰められていきますし、もしかしたら今あなたがいる環境は危険かもしれません。

 

まずは今の環境を冷静に見つめ直し、あなたにとって良い環境なのかどうか考えてみて下さい。

辞めづらい事情はあるかもしれませんが、ここで判断を誤ると取り返しのつかないことになるかもしれません。

 

怒られすぎるとメンタル → 仕事 → プライベートという順番で全てが壊されていきます。

私は昔、早い段階で正しい判断ができなかった為に人生に大きなダメージを負ってしまいました。

 

あなたの今いる環境は問題ないか、また今度どうすべきかを改めて考えていきましょう。

私が自身の経験から得て、重要だと感じた情報を中心にお伝えしていきたいと思います。

 

怒られすぎは異常な環境

まず、あなたが今いる職場が良い環境でないことは理解して下さい。

私はあなたの職場を知りませんし、仕事は怒られて当たり前のものです。

 

それでも体調やメンタルに不調を感じるほど怒られるなら、少なくとも良い環境ではありません。

あなたが遅刻をする、約束を守らない、挨拶もしない、仕事を覚える気がない等、

常識的に問題がある人なら話は別ですが、決してそうではないですよね。

 

もしかしたらあなたは、仕事でミスを連発していませんか?

実はそれ、あなたのせいではないのです。

あなたの立場になったら、誰でもミスを連発するはずです。

 

人は怒られすぎると自信を失くし、自己嫌悪に陥り、自己肯定感を失います。

そうなると不安や緊張から極度にパフォーマンスが低下し、何をしても失敗するようになるんです。

 

あなたを毎日のように叱責している上司や先輩は、必要以上に怒ってきませんか?

まともな上司や先輩なら、部下のパフォーマンスが落ちるような怒り方はしません。

損失しか生まれないからです。

 

少なくともあなたは今、運の悪い環境にいます。

「こいつ面倒くさいな…」と思えるぐらいの余裕があれば社会勉強として捉えるのもありだと思いますが、

体調に異変を感じているのであれば、なるべく早い段階での対処が必要になります。

 

食欲がない、夜眠れない、急に頭痛・吐き気・動悸・めまいが起こる、蕁麻疹が出た etc...

これらはうつ病の初期症状でもありますが、あなたは大丈夫ですか?

 

もし改善が見込めるなら、そして改善をするだけの気力が残っているならまずはそれを実行しましょう。

改善が見込めない、もしくは改善するような気力が残っていないなら転職を考えた方がいいと思います。

 

あなたが悪いとは限らない

怒られてばかりいると、自信を失くしたり自己嫌悪に陥ってしまいますよね。

そして人は自己肯定感を失うと、異常なまでに自分を責めるようになります。

 

「自分が無能だからいけないんだ、自分がいても会社に迷惑をかけるだけなんだ」

というように、全ての責任を自分自身に押し付けてしまうのです。

 

でも、ちょっと待って下さい

必要以上に怒られる時は、どちらかというと会社や上司に問題があるケースが多いんです。

本当にあなたに原因があるなら反省すべきですし、辛抱するべきかもしれません。

 

でももし違うなら、自分を責めることも辛抱することも間違っています。

どちらが悪いのかは、下記の三つの条件に当てはまるかどうかでわかります。

一つでも当てはまらない内容がある場合、会社や上司に問題がある可能性が高いです。

 

怒られている理由がわかるか?

明らかに「あ、これは自分が悪いな…」という内容であれば問題ありません。

でも「え、なんで怒られるの?」「これって自分は悪くないんじゃ…」と思う時はありませんか?

 

そういう場合は、上司の価値観を一方的に押し付けられている可能性があります。

自分のやり方や考え方が絶対的に正しいと思い込んでいる上に、あなたを見下している状態です。

 

この状態だと本当に毎日頻繁に、理不尽なことでひたすら怒ってきます。

怒るというより嫌がらせになりますが…

 

もちろん部下である以上上司に合わせるべきですし、上司のことは立てるべきだと思います。

しかし限度が過ぎれば、それはただの精神的暴力です。

 

特に新人のうちは仕事も把握できていないですし、理不尽と感じても言い返せないことが多いですよね。

そして怒られ続けていくうちに心が病みミスが増え、向こうの怒りもエスカレートしていきます。

 

この状況に当てはまっているのであれば要注意です。

あなたは悪くないですし、非常に劣悪な環境だと言えます。

 

周りも同様に怒られているか?

あなたを怒る上司や先輩は、他の社員にも同じ態度を取っていますか?

あなたにだけ攻撃的ということはありませんか?

 

例えば仕事のミスが起こった時に「お前の責任だ」「お前の確認不足だ」と、

明らかに他の人にも責任があるのに、あなただけに怒りの矛先を向けてきませんか?

 

これはあなたが職場で一番見下されている状態であり、嫌がらせや八つ当たりの対象にもされています。

そして「何かあればこいつに押し付ければいい」という考え方が周りにも浸透していきます。

悪循環を起こしていく最悪の状況です。

 

ちなみにこのような攻撃の対象になりやすい人には、特徴があります。

物腰の柔らかい人、怒りを態度に出さない人、気が弱い人、人見知りをする人などです。

このようなタイプの人は攻撃性を感じない為、見下されたり甘えられやすい傾向にあります。

 

当然このような状況ならあなたは何も悪くありません。

環境が悪いとしか言いようがないので、絶対に責任を感じて自分を責めたりしないで下さい。

 

業務量・業務レベルは適正か?

ミスをすれば当然自分を責めてしまいますよね。

でも、業務量や業務レベルは適正ですか?

 

明らかに業務量が多すぎて、どれだけ効率よくやろうとしても定時には終わらない。

まだ中堅社員にもなっていないのに、任されている仕事のレベルが高すぎる。

このような状況でミスが多発するのは、完全に会社や上司の責任です。

 

業務量が多すぎれば、残業が発生します。

残業が連日続けば、心身共に疲れてパフォーマンスが低下していきます。

そうなれば人間がミスを起こすのは当たり前です。

 

また、業務レベルが明らかに自分よりも高いのも問題です。

上司があなたの能力を評価し、成長させる為にレベルの高い案件を振ったなら素晴らしいことです。

しかしそれが単なる仕事の押し付けや、会社の人手不足によるものであれば論外です。

 

そんな状況で精神的に疲れてくればミスをしない方がおかしいです。

それが全てあなたの責任として責められるなら、環境に大きな問題があります。

 

辞めた方がいい理由

もしあなたが辞めたいと思うなら、私はすぐにでも辞めるべきだと思います。

その職場に未練があるなら話は別ですが、そうでないならこれ以上長居しても時間の無駄だからです。

 

もちろん辞めづらい事情があるのはわかります。

「親が辞めることを認めてくれない」「逃げ癖をつけたくない」

「どこに行っても同じじゃないか?」「恋人もいるし職を失いたくない」 etc...

 

他にも様々な理由があると思いますが、あなたは大切なものを見落としています。

そして、外の環境を知らないだけです。

 

ここでは私が会社を辞めて気付くことができた、重要な情報をお伝えしていきます。

辞めたいと苦しんでいるあなたに、何が何でも知ってほしい情報です。

それを三つに分けてお伝えしていきますね。

 

平穏に働ける環境の方が多い

あなたはどこに行っても同じだと思っていませんか?

また、「どこに行っても同じだ」と周りから言われていませんか?

 

実は、どこに行っても同じではないんです。むしろ全く違います。

もちろん、大した努力もせず小さいことに不満を感じて辞めた人はダメです。

そういう人なら、それこそどこに行っても同じだと思います。

 

でも精神的に追い詰められるまで頑張り、それでも何とか出社し続けているあなたは違います。

今のあなたなら、良い環境に転職すればもっと平穏に楽しく働くことができるはずです。

 

私がブラック企業の社畜だった頃の話ですが、私は毎日深夜遅い時間の電車に乗って帰っていました。

真っ青にやつれた顔のまま、空いた電車で座りながら帰宅していたのです。

 

ただある日偶然仕事が無くなり、18時の定時で帰るという奇跡が起きたのです。

その時に驚いたのが、足の踏み場もないほどの満員電車だったことです。

 

え、電車ってこんなに混むものなの…?という驚きと同時に、私はひどいショックを受けました。

「世の中の大半の人たちは、こんなに早く帰宅しているのか…」と。

しかも周りを見渡すと、皆すごく顔色が良いんです。

 

肌ツヤもいいし、楽しそうにスマホをいじったり漫画を読んだり。

私はストレスや翌日の仕事への恐怖で、とてもスマホを見たり本を読む気分にはなれませんでした。

一体この人たちは何なんだろう…と、大きなショックを受けたのを覚えています。

 

しかしその理由は転職してすぐにわかりました。

世の中はホワイトで、平穏な仕事の方が多いのです。

 

毎日怒鳴られることもなく、残業も少なく、特別嫌な人もいない、

完璧な環境ではないけど大きなストレスはなく働いていける、そんなホワイトな会社がたくさんあるのです。

 

気になった私は自分の会社以外のことも調べましたが、少なくとも半分以上の会社はホワイトです。

18時の電車が健康そうな人で溢れかえっている答えが、そこにありました。

 

もちろん転職をしても環境を変えても、ストレスが完全になくなることはないと思います。

でも転職をすることで人生が180度変えられる可能性もあるということを、あなたにお伝えしたかったのです。

少なくともその可能性を、挑戦する前から潰さないでほしいのです。

 

健康な体あっての人生

当たり前の話ですが、健康な体あっての人生です。

真面目な人ほど辛い時に逃げられない為、倒れるまで働き続けてしまいます。

 

無理をして重度のうつ病にかかった人は、その後何年も働けずに療養したりします。

ひどい人だと二度と正社員として復帰できなかったり、引きこもりになってしまう人もいます。

 

若いうちはまだいいですが、30代、40代と歳を重ねた時に稼ぐ力がないのは本当にきついと思います。

人は歳を重ねれば重ねるほど頼れるものがなくなっていきます。

仕事や職を失えば自信も失いますし、友人など人との交流も失っていきます。

 

健康体であることがどれだけ大事なことか、改めて考えてみて下さい。

うつ病はいつどこでかかるかわかりません。

かかった人の多くは「うつ病なんて自分には無縁の病気だと思ってた」と言います。

 

あなたも精神的に追い詰められていると感じているなら、対処は早い方がいいです。

自分のプライドや周囲の反対を気にしている場合ではありません。

今一番大切なのは、自分を守ることです。

 

責任は自分にしかとれない

あなたの人生の責任をとれるのは、あなただけです。

転職ができない理由のほとんどは、「自分以外の何か」なんですよね。

 

「パートナーがいるし、仕事を失うわけにはいかない」「辞めると言ったら親に大反対された」

このように自分以外の何かに転職することを妨げられるのです。

 

しかしもしそれでうつ病になったり、人生がダメになったらどうなるでしょうか。

あなたの転職を妨げている何かは、その責任を取って生涯あなたを養ってくれるのでしょうか?

違いますよね。

 

パートナーがいるなら、なおさら将来の為に健康的に働ける職場に移らなければいけません。

親が自分の体裁を守る為に子の転職を嫌がるなら、今より良い会社に入って納得させるしかありません。

 

もっと自分に合った環境で、前向きに楽しく仕事に取り組みたくないですか?

あなたの行動一つで、その環境を実現することは可能なんです。

 

まずは新しい環境を見つける為、転職エージェントに登録してみませんか?

他社の情報を仕入れたり、外の空気に触れるだけでも気持ちが楽になると思いますよ。

今の環境で辛い経験をしたあなたなら、確実に今よりも働きやすい環境を見つける力があるはずです。

 

当サイトではキャリアスタートという転職エージェントをおすすめしています。

20代の若手を専門にした転職エージェントで、丁寧な二人三脚のサポート体制を実現しています。

 

ただ仕事を紹介するのではなく、あなたの今後のキャリアや働き方についても親身になって相談に乗ってくれます。

担当者とのマンツーマンの面談もあるので、二度と辛い思いをしないよう希望を明確に伝え、万全を期して転職活動に臨みましょう。

 

キャリアスタートがどんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

また、転職に大失敗した私の経験談も参考になるかと思い記事にしてみました。

失敗の全てを赤裸々に綴ってありますので、反面教師としてぜひ参考にしてやってください。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

キャリアスタートは、あなたが平穏に働ける環境を実現する為のサポートをしてくれます。

今の環境での辛い経験を活かし、必ず幸せな日々を掴みとって下さいね。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談