もともと朝が強い方ではないけど、最近は特に起きることができない…

起きたとしても頭や体がなまりのように重く、出社するのが辛すぎる…

そんな地獄のような毎朝に嫌気がさし、会社を辞めようか悩んでいませんか?

 

そんな時は一度深呼吸をして落ち着き、まずは生活習慣から見直してみましょう。

理由をはっきりさせないまま辞めてしまうと、今後も色々な場面で苦しみ続けることになります。

 

朝起きれない原因は生活習慣・ストレスのどちらかである場合がほとんどです。

まずは生活習慣を見直し、改善してみましょう。

それでもダメだった時に初めて、転職を視野に入れていきましょう。

 

私も低血圧でストレスに弱い為朝は本当に地獄だったのですが、生活習慣を見直すことで大幅に改善できました。

本当にビックリするぐらい朝が楽になるので、まずは生活習慣から見直してみて下さい。

 

朝起きれなくなる6つの悪習慣

あなたが何気なくやっている前日の行動が、朝の目覚めや体調を悪くしている可能性があります。

誰もがやっているような当たり前の行動ですが、実は翌朝に響いてしまう行動なんです。

全部で6つありますので、該当しているものがないか改めて確認してみて下さい。

 

寝る前に食べる

基本的に寝る3時間前は何も口にしないようにしましょう。

また、3時間前だとしても寝るまでに消化しきれないようなドカ食いもNGです。

 

胃の消化活動中に寝てしまうと、睡眠の質が極端に落ちてしまうのです。

その結果「寝ても寝ても疲れが取れない」「朝起きると倦怠感がすごい」等と、翌朝の体調を異常に悪化させてしまいます。

 

確かに満腹状態だと眠くなりますよね。

満腹になるとレプチンというホルモンが分泌され、このレプチンに催眠効果があると言われているのです。

 

でも、このレプチンの本来の役割は胃の消化活動を活発化させることなんです。

この胃の消化活動中に寝てしまうと睡眠の質が極端に落ちる為、どれだけ寝ても脳や体が休まらないのです。

 

睡眠でしっかりと回復する為には、ある程度空腹の状態で寝ることが大切なのです。

ですので夜は食事の量を控え、寝る直前に食べるならスープ系のものにするなど工夫をしてみましょう。

空腹で寝るだけで、次の日の目覚めや体調がグンと良くなりますよ。

 

満腹で爆睡する8時間より、空腹で寝る6時間の方が断然疲れが取れます。

ぜひ試してみて下さい。

 

スマホを見すぎる

仕事帰りの電車の中、帰宅後のオフの時間、暇さえあればスマホを見ていませんか?

ゲーム・動画サイト・書籍・ネットサーフィン etc...

 

スマホは画面も小さく距離も近いので、凝視していると眼球疲労になります。

目の神経が疲れていれば当然朝起きるのも辛くなります。

また眼球疲労は頭痛・吐き気・めまい・肩こり等の症状も引き起こす為、体調不良の原因にもなります。

 

あなたはこれらの症状に心当たりはありませんか?

スマホは時間を決めてみることをおすすめします。

 

私は自宅にいる時はスマホを別の部屋に置き、たまに連絡が来ていないか確認するだけにしています。

これは私個人の感覚ですが、テレビやパソコンの方が疲労が少ないように感じます。

画面が大きく距離を置けるからかもしれませんが、目の疲れはかなりマシになります。

 

あなたはスマホ依存症になっていませんか?

この機会に少し距離を置いてみたらいかがでしょうか。

目の疲れを軽減するだけで朝起きるのが楽になりますよ。

 

慢性的な運動不足

これは前日というより日頃の習慣の話になりますが、運動不足になっていませんか?

朝起きれない理由ですが、単純に体力・精神力が弱いという可能性もあります。

 

そしてそれは運動不足からくるものです。

定期的なジョギングや筋トレ等は、体力はもちろんメンタルを大幅に鍛えることができます。

 

体力・筋力がつけば体調が良くなり、自信もみなぎってきます。

また継続的に体を鍛えるという習慣がメンタルを強化します。

ジョギングのような有酸素運動は脳内でセロトニンの分泌を活発にする為、メンタルがより安定しますよ。

 

仕事をしていると本当に脳が疲れますよね。

そして脳が疲れているのに体は疲れていない…このアンバランスな状態が睡眠の質も低下させてしまうのです。

 

少しずつでもいいので、日々の生活に運動を取り入れてみませんか?

どうしても継続する自信がないなら、ジムの会員になって週末の仕事帰りに寄るとかでもいいと思います。

 

また通勤退勤の時にも楽をしないように心がけると、意外と運動をできますよ。

例えばエスカレーターは使わず階段を使うようにしたり、電車内で座らないようにしたり…等ですね。

電車内をよく見ていると気付きますが、体力が無さそうな人ほどすぐに座りたがるんです。

 

あなたもぜひ心身の健康の為、運動することを心掛けてみて下さい。

無理すると続かないので、まずはできるところからで大丈夫です。

 

休日に怠けすぎる

一週間で一番体が辛く、気持ち的にも憂鬱になるのが月曜日の朝ですよね。

ただこの時の辛さは休日の過ごし方で大きく変わってきます。

 

休日に極端に生活リズムを乱すと、そのツケで月曜日に心身ともにガタがきてしまいます。

寝すぎる・家に引きこもる・人と会わない・一日中ダラダラ過ごす・暴飲暴食 etc...

 

せっかくの休日に羽を伸ばしたい気持ちはわかりますが、生活リズムを極端に乱すような過ごし方はおすすめできません。

平日と休日の過ごし方に差がありすぎると、急な変化に心も体もついていけずに体調を崩してしまうからです。

ONからOFFは簡単ですが、OFFからON(まさに月曜日)の時にかなり苦しい思いをします。

 

別に休日にまで仕事のことを考えたり、勉強をする必要はありません。

ただ多少眠くても朝は早めに起きて、ぶらぶらと出かけたり友達と会ったりと活動的になるだけでだいぶ違います。

趣味に打ち込む等の理由なら家に引きこもるとかも全然アリだと思います。

 

現実逃避するかのように引きこもって怠けてしまうと、皮肉なことに辛さが倍増します。

その瞬間は幸せかもしれませんが、月曜日に地獄を見ますからね…。

 

やることがない時は散歩やジョギングに出かけるのも良いリフレッシュになりますよ。

休日こそ活動的に、有意義に過ごしてみて下さい。

 

度の過ぎた飲酒

度の過ぎたアルコール摂取は、肝臓を疲れさせます。

そして臓器の疲れは、肉体の疲れ以上に倦怠感をもたらします。

 

軽度のアルコール摂取は緊張がほぐれ、血行が良くなる為健康に良いとされていますよね。

ただ摂取量が多くなれば肝臓に負担がかかり、当然体調は悪くなります。

 

一回で大量に飲む、休肝日を作らず毎日継続的に飲み続ける etc...

これらの習慣がある場合には改善するようにしましょう。

 

一日の摂取量を抑える、週に1日は飲まない日を作る等工夫していきましょう。

体の健康は内側からですよ。

 

度の過ぎた喫煙

今は喫煙者の割合はすごく減っていますが、あなたは大丈夫ですか?

喫煙は毒物を摂取しているようなものなので、吸い過ぎれば体調を悪くします。

 

また、喫煙は胃に悪いです。

喫煙は血管を収縮させるので、毛細血管が張り巡らされている胃粘膜に悪影響を及ぼします。

その結果機能低下等、胃の働きを大きく妨げてしまうのです。

 

先ほどもお伝えしましたが、臓器の疲れは異常な体調不良を起こします。

度の過ぎた喫煙で胃の調子が悪くなれば、当然朝も起きれなくなります。

 

私は喫煙を「百害あって一利なし」とは思っていません。

実際にストレス解消になるのでしょうし、ストレスほど健康に悪いものはありません。

喫煙でストレスが解消できるなら、ある意味それも良いのではないかと考えています。

 

ただ、摂取量は考えるべきだと思います。

癖のように暇さえあれば吸うのは良くないですし、抑制する努力は必要だと思います。

あなたがもしヘビースモーカーなら量を減らしてみませんか?

 

朝目覚めを良くする方法

上の項目で、朝起きれなくなる6つの悪習慣とその対処方法についてお話してきました。

あなたは該当しているものがありましたか?

 

基本的に悪い習慣は意識していなくても人が陥りやすいものばかりです。

逆に良い習慣は、意識と努力を続けていかないと習慣化できない難しいものばかりなんですよね。

 

人間は楽な方へと流れていく生き物ですが、基本的に楽なものは悪い習慣ばかりです。

全てを頑張ろうとしても続かないので、まずは一つずつ気軽に取り入れてみてはいかがですか?

 

週に3回ジョギングの日を作る、夜は空腹で寝るようにする、飲酒・喫煙を減らす・スマホを控える etc...

自分にとってハードルの低そうなものから一つずつ取り入れていくと続きやすいですよ。

 

朝起きやすくなるのはもちろんですが、どれも健康に良い素晴らしすぎる習慣ばかりです。

今後の人生の為にもぜひチャレンジしてみて下さい。

 

生活習慣に問題がない場合

上記の項目全てに該当せず、健康的な生活を送っているのに朝起きられない、体調が優れない…

その場合には心の健康状態を疑う必要があります。

 

ストレスが原因の可能性

今のあなたは過度なストレスに心が耐えきれない状態になっているのかもしれません。

そして朝出社前に調子が悪くなるということは、間違いなくストレスの原因は仕事にあるはずです。

 

また朝起きられないだけでなく夜も眠れない、食欲がない、頭痛・吐き気・めまいがする等、

その他にも症状が出ていればそれは精神疾患の初期症状である可能性があります。

以前に比べて体調を崩しやすくなった、疲れやすくなったということはありませんか?

 

その場合には少しでも早い解決が重要になります。

精神疾患は腰痛と一緒で、一度悪化させてしまうと一生付き合っていくことになります。

今取れる対策について、次の項目でお伝えしていきますね。

 

ストレスへの対処法

過度なストレスが原因で体調を崩している場合には、ストレスの根本的な原因を取り除く必要があります。

結果から言いますが、あなた自身で気持ちを切り替えるが転職をするかの二択になります。

 

会社のストレスに心を病むということは、あなたは今会社中心の生活を強いられているのではないでしょうか。

少なくとも「プライベートに生きがいがあって、その為に会社で働いている」ような状態ではないですよね?

 

夢や目標・趣味など、仕事以外の場所で生きがいを見つけると自然と仕事へのストレス耐性も高くなります。

人は生きがいや楽しみを持っていなければ、仕事を頑張れるだけの気力なんて湧いてきません。

 

ですので、もし生きがいを見つけて気持ちを切り替えることができればそれが一番だと思います。

余計な労力も使わずに済みますし、転職しないに越したことはありません。

 

ただ「生きがいなんて簡単に見つからないよ」というのが普通の意見だと思います。

それに、今の疲れきった状態で生きがいを探す余力は残っていないですよね。

 

プライベートでの生きがいや楽しみが見出せなくなるような環境なら、転職してしまった方がいいです。

今の環境が良いか悪いかはわかりませんが、少なくともあなたには合っていないのだと思います。

 

上記でもお伝えしましたが、心を病むほどのストレスは根本から取り除かなければ改善されないんです。

私は過去に精神疾患をやっていますが、せっかく回復しても原因が残っていれば再び体調を崩します。

 

【回復する → 体調を崩す】を繰り返しているうちに回復力が落ちていき、気が付けばドン底のうつ病です。

ストレス・精神疾患の解決方法は「原因を根本から取り除く」以外ありません。

あなたも動けるうちに対策を取り、症状を悪化させないようにして下さいね。

 

とりあえずの応急処置として、一度心療内科を受診してみるのもおすすめですよ。

プロの先生は適格なアドバイスをくれますし、心が多少楽になります。

ただ先生によっては心無い言葉を浴びせてくる人もいるらしいので、評判の良い病院を探して下さいね。

 

問題は時間ではなく環境

地獄のような辛い毎朝を終わらせる為には、環境を変えるしかありません。

今のあなたは心が「もう会社に行きたくない」と悲鳴をあげているのです。

 

そして転職先を決める時のポイントは出社時間より、あなたに合った働きやすい会社であることです。

朝が弱い人は夜勤という手もありますが、夜勤は健康に悪い為特別な事情がない限りおすすめはしません。

 

また、たまに10時出社という求人も見かけますが、10時出社になれば最初は快適に感じるかもしれません。

でも慣れてくると10時でも結局は朝辛くなるでしょうし、その分終わりも遅くなります。

私は10時出社の経験がありますので…

 

やはり一番は「ストレスが少なく働きやすい環境」であることです。

このような環境なら自然と朝起きるのが辛くなくなるものです。

今は精神的な負荷が大きくかかりすぎているから、朝起きれなくなっているのです。

 

心が疲れている時に大変かとは思いますが、一度転職活動を行ってみませんか?

すぐに辞めるのは不安だと思いますし、比較対象がない以上決断するのも難しいと思います。

そこで、今の会社をキープしたまま転職エージェントを利用してみてはいかがですか?

 

実際にエージェントの担当者と面談を行ったり、他社で面接を受けるところまでやってみるのがおすすめです。

外の雰囲気を肌で感じることで、今の環境を改めて見つめ直すことができます。

 

しっかりと情報を仕入れた上で比較検討を行えば、より後悔しない選択をすることができます。

もし「やっぱり違うな…」と思えば、転職を止めて今の環境に残ることもできます。

つまりやってみて損はないのです。

 

当サイトではキャリアスタートという転職エージェントをおすすめしています。

20代の若手を専門にした少数精鋭の転職エージェントで、一人一人に対する丁寧なサポート体制を実現しています。

 

「働きやすい環境を探す」という明確な目的がある場合にはその旨をしっかりと伝え、決して妥協はしないで下さい。

マンツーマンの面談もありますので、あなたが納得のいくまで相談し、要望をしっかりと伝えて下さい。

 

担当者は紹介先の企業を全て訪問していますし、職場の雰囲気についても直接その目で確認しています。

あなたの質問や不安な点にもその場で答えてくれますし、必ず親身になって一緒に仕事を探してくれるはずです。

 

キャリアスタートがどんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

私は昔転職エージェントで、自分の意思を主張しなかったばかりに大失敗しました。

全てを赤裸々に綴ってありますので、反面教師としてぜひ参考にしてやってください。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

キャリアスタートは、あなたが今よりもストレスなく働ける環境を一緒に探してくれます。

朝起きれないほどの憂鬱な環境を終わらせる為、ぜひ一歩踏み出してみて下さい。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談