転職の決断が出来ずに迷っている時は、本当に答えが見つからないですよね。

新しい一歩を踏み出すべきなのか、現状にとどまるのが正解なのか…

 

失敗することへの不安、環境が変わることへの不安が足を引っ張ってしまいますよね。

事実、転職は徹底的な自己分析をし、最善の選択をしなければ大きな後悔をする可能性が高いです。

 

ただ、迷い続けて答えが見つからない時も、冷静になって視点を変えてみると「どうするべきか」が見えてくることもあります。

 

こちらの記事では自己分析の方法と共に、世の中の人達が「転職を決断した理由・きっかけ」「転職をして後悔したこと」等、

参考になりそうな実例を集めてみました。

他人の体験談を参考にしつつ、自己分析を進めてみましょう!

 

5年後の未来を想像してみよう

よく「10年後の自分を…」と言いますが、イメージしやすい「5年後」で大丈夫です。

5年後のあなたは、どうなっていたいですか?

また、今の会社で働き続けた場合、5年後にあなたの望む未来を得られそうですか?

 

転職の決断ができない時は「このままでいいのかな…」「転職して失敗したらどうしよう…」と、現状や近い未来のことを考えてしまいますよね。

 

でも逆に「遠い未来の為に今何をすべきか」を考えると、自然と答えが出ていることもあります。

例えば、「少なくとも今の環境にいたら、未来に希望は持てないな」というように見方が変わってきます。

 

 

こんな考え方をしたことはありますか?

あなたも私も、世の中の会社員は「自分の時間」を売って「生活・未来」を買っているのです。

もっとはっきり言えば、私たちは「欲しいもの」の為に「自分の時間」を切り売りしているのです。

 

気が付けば義務のように働いてしまっていますが、それでは本末転倒です。

私たちは「幸せを得る為に」働いているのです。

改めて「あなたの人生にとって大事なもの」が何かを考え、それが今の会社から手に入るのかを考えてみて下さい。

 

転職を決断した理由・きっかけ(世の中の声)

ここで、転職を決断した理由・きっかけ等、世の中の声を集めてみました。

最終的に決断するのは自分だとわかっていても、同じ境遇を経験した人達の声を聞いてみたいですよね。

 

他人のリアルな声を聞くことで、新しい自分の気持ちに気付くこともあります。

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

★転職を決断した理由・きっかけ

・会社の業績が悪いのに社員たちに危機感がなく、将来に危険を感じた
・仕事自体は好きだが特定派遣型の職種の為、生涯働くことを考えると安定性に欠ける
・高い仕事レベルについていけず、毎日怒鳴られるのが苦痛だった
・どうしてもチャレンジしてみたい職種があったから
・社風がどうしても合わず、経営者が人間性を疑うような人物だったから
・給料が安すぎる為生活レベルが低く、もっと良い暮らしをしたかった
・残業・休日出勤が多く、荒れた労働条件のせいでプライベートが充実しなかったから

 

全体の一部分ではありますが、以上のような意見が目立っていました。

安定性を考えた現実的な意見もあれば、「新しいことに挑戦したい」という意識の高い意見もありますし、

「辛い環境から逃げたい」という、不満を原因とする意見も多くありました。

 

全員に共通しているのは「今よりも良い環境へ」という思いですね。

世の中には他人の考え方を非難する人もいますが、正解・不正解は本人の中にしかありません。

他人の意見を参考程度にするのはいいですが、真に受けてはいけませんよ。

 

転職して後悔した例

転職して後悔したという体験談、こちらもすごく気になっていると思います。

環境が変わることへの不安は大きいですし、失敗することは怖いですよね。

こちらもぜひ参考にしてみて下さいね。

 

★転職して後悔した例

・新しい分野に挑戦したくて転職したのに会社自体のレベルが低く、勉強するどころか教える羽目になった
・苦手な職種にもチャレンジしてみようと思い転職したが、結局合わずに辞めてしまった
・入社してみたら体育会系の会社だった、元気すぎるノリや飲み会が苦痛で仕方ない
・陰口等が多く、人間関係が最悪の会社に入ってしまい、毎日過度なストレスを感じる
・給料が下がり、更に仕事が退屈で毎日が辛い
・聞いていた話と違った、サポート業務と聞いていたのに営業部に配属された

 

後悔した体験談にも様々な内容がありますが、これを見ていると事前調査がどれだけ重要か思い知らされますよね。

確かに人間関係は入社してみないことにはわかりません。

 

しかしその他の部分については事前にある程度まで調べることが出来ます。

どうしても気になることであれば、面接で聞いてしまってもいいと思いますし。

 

事前調査は完璧にしておかないと、このように後悔することになるかもしれませんね。

 

不満を原因とする転職は要注意

スキルアップや生活面を理由とする転職ではなく、不満が原因で転職する場合は注意が必要です。

不満が原因で転職した人は、転職先でも同じように不満を抱くケースが多いからです。

 

激務すぎる、残業が多すぎる、明らかなパワハラを受けている等、転職することで改善が見込める内容であれば問題ありません。

しかし「苦手な上司がいる」「他部署の仕事まで振られるのがストレス」のように、どこの会社でも起こり得るレベルの不満であれば一度考え直してみましょう。

 

そういう理由で転職をすると「前の会社の方が良かった…」となる可能性が高いです。

この場合は環境より先に、自分の考え方を見直してみましょう。

 

苦手な上司と離れたら苦手な同僚が現れた、仕事内容が改善されたら人間関係が悪化した etc...

不満はもぐらたたきのように常に顔を出してきます。

 

嫌な言い方になってしまいますが、小さなことにストレスを感じるのは恵まれた環境にいる証拠でもあります。

そして人間は恵まれた環境に居続けるとわがままになってしまうものです。

それ自体は悪いことではありませんが、それが原因で良い環境を手放してしまうのはもったいないと思います。

 

それでもどうしても転職する場合は、自分のなかで「絶対に譲れない部分」と「妥協してもいい部分」を見つけておきましょう。

それを基準に、覚悟を決めて転職しましょう。

 

絶望より希望に生きよう

人は常に希望に向かって生きていくからこそ成長できますし、楽しい人生を歩めます。

転職するにしても、今の会社に残るにしても、覚悟を決めて前向きに取り組みましょう。

 

ネガティブな気持ちで胃をキリキリと痛めながら働く時間は、すごくもったいないです。

貴重な人生の一部を削って働いているのですから、有意義な時間にしたいですよね。

 

どう頑張っても前向きになれない環境であれば、捨ててしまいましょう。

これは私の体験談ですが、とある企業の超激務と呼ばれる部署で責任者として働いていたことがありました。

仕事の裁量も大きく、レベルの高い仕事だったのに全く成長出来なかったんです。

 

なぜなら、私が体調を崩しながら嫌々働いていたからです。

前向きな気持ちが全くなく、苦痛を感じながら奴隷のように働かされていたことで成長しなかったのです。

 

その後は仕事内容の緩い会社に転職し、のんびりと働いていたのですが、むしろその環境で初めて成長することができたのです。

前向きな気持ちで働くことで、自ら成長したいと思えるようになったんです。

自分から仕事を探したり、家に帰ってからも勉強をしたり、とても有意義な時間を過ごせるようになりました。

 

つまり重要なのはどんな会社で働くかではなく、どんな気持ちで働けるかだと思います。

後ろ向きな気持ちで働くほど、人生の無駄遣いはありません。

あなたにとって「どんな選択が一番幸せだろう?」と考えて下さい。

 

希望のない人生は、生きていくだけでも辛いものです。

 

つまらない人生を歩みたくないなら

私は転職というものを重く考えてはいません。

無責任に聞こえてしまうかもしれませんが、若いうちは取返しがつかなくなることはないからです。

 

「他の世界も見てみたい!」と思った時に、行動しないのは本当にもったいないです。

色々な世界を見て、成功や失敗を繰り返し、自分の人生を少しずつ豊かにしていくことが一番の幸せなのではないかと思います。

 

私自身は一番悩んでいた時、「一歩でも踏み出したい…!」という思いから転職エージェントに登録し、そこから人生の流れを変えることができました。

もしあなたが「今より成長できる環境で働きたい」「もっと幸せな人生を歩みたい」、そんな思いを抱えているなら、今ここで新しい一歩を踏み出してみませんか?

 

いつも通りここでページを閉じてしまえば、いつも通りの日常が待っているだけです。

ぜひ、こちらの記事を読んでみて下さい。

→ 20代におすすめ!人生を変える転職エージェント【キャリアスタート】