やりがいもなくダラダラと働く仕事に、充実していないプライベート…

「寝る・働く・食べる」を繰り返すだけの生産性のない日々…

希望の持てない毎日に嫌気がさし、なんとか現状を変えたいと願っていませんか?

 

未来の自分を想像してみると、「今のままじゃダメだ!」と思いますよね。

でも、そこまで思っても生活を変えるだけの行動を起こすことって難しくありませんか?

 

実はそれ、進むべき道がしっかりと見えていないせいで本能的に怖がっているのです。

具体的に今何をすべきかを見つけることで、確実に行動を起こして人生を変えていくことができますよ。

 

私自身、「こんな人生もう嫌だ…」と一番苦しんでいた時に何もできなかった経験があります。

その苦しみを知っているからこそ、あなたには少しでも早く行動を起こしてほしいと思っています。

この記事を読んでいただき、あなたの背中を押せることを心から願っております。

 

絶対に勘違いしてはいけないこと

人生を変えたいと思う時に、絶対に勘違いしてはいけないことがあります。

それは、【自分という人間は変わらない】ということです。

これは失敗する人に多いのですが、自分という人間を無理に変えようとしてしまうのです。

 

例えば…

気が弱くて陰気 → 人を見下したりして自分が上に立とうとする

とにかくモテない → 異性に執拗に迫り、金や様々なものを使って気を引こうとする

 

このようにコンプレックスを解消したいという強い思いから、強引な手法をとってしまうのです。

あなたも人生を変えたいと思っているなら、コンプレックスを持っているはずです。

 

しかしコンプレックスから目を逸らしたところで、何一つ改善されることはありません。

見ないようにするということは、結局逃げているだけなのですから。

 

コンプレックスは正面から向き合い、受け入れることで初めて克服できたことになります。

ありのままの自分を受け入れ、そんな自分が頑張って生きられるような道を探すことが大切なのです。

 

人は配られた手札で人生を戦っていくしかありません。

 

芸能人のように容姿端麗になることも、

アスリートのように運動神経抜群になることも、

学者のように頭脳明晰になることもできません。

 

私たちは決められた手札の中で、いかにしてベストな手を打つか考えていくことが幸せを掴むポイントなのです。

 

大企業で昇進することが勝ち組

素敵なパートナーに恵まれることが勝ち組

才色兼備で能力全てが高いことが勝ち組

 

このような先入観に縛られていては、人生を良い方向へ変えることなどできないのです。

 

これは私個人の話ですが、私は昔から根性がなく、辛いことからはすぐに逃げ出してしまう人間だったのです。

一時期はその事実から逃げるように目を逸らし、優秀で気の強い人間を演じている時もありました。

 

しかし、結局それは失敗に終わりました。

背伸びして合わない自分を演じた所で疲れるだけですし、ただ生きづらい環境を自分で作ってしまうだけでした。

 

そこで私は自分がダメ人間だということを受け入れ、「ダメ人間なりにどうすれば頑張れるか?」と考えるようにしたのです。

そうやって自分の弱さと向き合うようになってから、不思議と何事も頑張れるようになりました。

ありのままの自分で頑張れることが嬉しく、誇らしく、人生に生きがいを感じるようにもなりました。

 

私個人の話が長くなってしまいましたが…

 

自分という人間が生きやすいよう環境を整えていくことは重要です。

ただ、自分という人間を変えようとすることをしてはいけません。

それは自分を否定しているのと同じことですから。

 

今のあなたを作ってきたのは、過去のあなたです。

自分の人生そのものを否定するようなことはしないで下さいね。

 

人生を変える3つの要素

人生を変えるには、考え方と環境を変える必要があります。

言ってしまえば、考え方と環境こそが人生の全てですから。

その中から最も大きな要素である3つを、これからご紹介していきたいと思います。

 

革新的な考え方

常に「何がベストなのか?」と自分の中で最善の選択を考えることが大切です。

また「本当にこれでいいのか?」と、常に疑い続ける気持ちも大切です。

疑うのは世の中の在り方や、世の中に当たり前のように流れている情報に対してです。

 

世の中で当たり前とされているほとんどの物事は、実は当たり前ではないのです。

ある人にとっては当たり前のことも、ある人にとっては害のあるものです。

 

これが常識になっているから、皆がこうしているから etc...

そんな理由に影響を受けてしまうと、必ず後で自分が辛い思いをすることになります。

世の中の常識なんて間違っていることだらけなんです。

 

人は歳をとればとるほど、考えることを放棄していきます。

流れに従った方が気持ちが楽だからです。

でも、自分で選択することをやめてしまったら人は価値を見失ってしまいます。

 

本当に楽しく充実した人生を送りたいなら、常に自分で選択をする気持ちを忘れてはいけません。

ルールや常識に囚われず、自分の意志のみで答えを導き出していくのです。

 

常に「新たな第三の道」を見つけるぐらいの気持ちで、日々を過ごしてみて下さい。

それだけでも人生の見え方が大きく変わってくるはずです。

 

付き合う人間層

「類は友を呼ぶ」という言葉がありますが、まさにこの通りです。

人には似た者同士でコミュニティを作る習性があります。

 

あなたの周りにはどんな人が多いですか?

常に未来を見据えて、自分の進むべき道を夢中で突っ走るような素敵な仲間がいますか?

それとも暇さえあればアルコールやギャンブルに走り、世の中に対する不平不満ばかり言う人が集まっていますか?

 

今あなたが交流をとっている人たちを見れば、自分の状態がわかります。

周りにいる人たちこそが、自分を反映しているようなものですから。

 

もし周りにいる人たちが尊敬できないような人たちなら、距離を置くのも一つの手です。

勇気がいるかもしれませんが、自分が尊敬できるような人に声をかけてみるのもいいですよ。

少し話してみるだけでも大きな刺激を受け、一気に気持ちが奮い立つこともあります。

 

今はSNSや様々なネットのコミュニティを使って、簡単に多くの人と交流がとれますから。

行動を起こすのにはすごく勇気がいりますが、それもあなたの気持ち一つなのです。

人生を変えたい、そう思った理由をもう一度考えてみれば勇気が持てるはずです。

 

自分にとって最高の仕事

「自分にとって最高の仕事とは何か?」

それを考えるのが私たちにとって最も重要な仕事です。

 

大企業の方が良い、高収入の方が良い、福利厚生がしっかりしている方が良い etc...

こんな常識は無視して、自分が求めるものを得られるかどうかを考えてみて下さい。

 

やりがいのある仕事がしたい人、プライベートの夢を叶える為に仕事が必要な人、家族を支える為に仕事をする人 etc...

人によって選ぶべき仕事も様々です。

正解・不正解はあなたの中にしかありません。

 

例えばステータスを求める人なら大企業で働きたいでしょうし、

刺激を求める人ならベンチャー企業の方が楽しめるでしょうし、

ただ穏やかな生活を送りたいだけなら労働条件を重視するべきですし、

自由とやりがいを求めるならフリーランスという働き方もあります。

 

このように、「自分の理想とする人生を実現する為にどんな仕事を選ぶべきか?」を考えるのです。

多くの人が失敗してしまう理由が、ここのズレによるものなのです。

 

例えば、本当は穏やかな生活を送りたいだけなのに大企業に総合職として入社してしまった…

人と接するのが苦手なのに、給料や労働条件が良いという理由で接客業を選んでしまった…

 

このように常識や世間体に流され仕事を選んでしまうと、自分が理想とする人生との間にズレが生じてしまいます。

自己分析がしっかりとできないとこういう結果にもなってしまいます。

 

何が正解で何が不正解か、その答えはあなたの中にしかありません。

もう一度だけお伝えしますが、全てをあなたの意志で選択するようにして下さいね。

 

行動を起こすことへの恐怖

頭ではわかっていても動けない、行動に移せない…

人生はこんなことばかりじゃありませんか?

 

そして後になって「あの時ああしていれば…」と後悔するんですよね。

こんな愚かな行動を繰り返し続けるのが人間という生き物です。

 

これは人が生まれつき持っている生存本能により、現状維持を好む生き物だからです。

環境に変化が起きるということは、安全ではなくなるかもしれないということです。

新たな脅威に晒され、生命を脅かされるかもしれないからです。

 

私たちが普段環境の変化を恐れたり、大きな行動をためらうのは生存本能によるものなのです。

今は恵まれた時代ですし、環境を変えて生命が脅かされることはまずありませんが…

 

それでも、例えば転職をしたら失敗する可能性はありますよね?

給料が減るかもしれない、残業が増えるかもしれない、嫌な上司にいじめられるかもしれない…

環境を変えることにはそんな様々なリスクが孕んでいるのです。

 

しかし、更に一歩先を見据えることができれば、この行動制限を解除することができるのです。

失敗したら怖いのは、次をゴールにしようと思っているからではないですか?

早く安定したいという気持ちから、努力し続けることを放棄しようとしていませんか?

 

確かに行動を起こすことで今より環境が悪くなるかもしれません。

でも、そうなったらそこから改善する為の行動を起こしていけば良いだけなのです。

 

そこがゴールではありませんし、それもまた貴重な人生経験になります。

そして何より、行動を起こさなければ結局何一つ変えることなんてできないのです。

 

どんな状況になっても最善を尽くし、人生を常に良い方向へ導こうと努力し続けることが大切なのです。

世の中の成功者たちは、本能でこれを悟っています。

だからこそ失敗を失敗と思わず、前に進み続けて成功するのです。

 

成功者たちは失敗を失敗と思わない為、挫折という感覚を持っていないそうです。

逆に失敗する人たちは、ちょっとした出来事で「もうダメだ…なんで自分はいつもこうなんだ」と落ち込んで動けなくなるそうです。

つまり、自分の心の在り方一つでも人生は大きく変わるということですね。

 

「仕事」の影響が大きすぎる理由

本当は仕事なんて「生活の一部」程度に思っておきたいところですが…

そう簡単に片づけられないのが仕事です。

 

正社員はもちろん、パート・アルバイトだって生活する為にはフルタイムで働かなければなりませんよね。

移動時間や休憩も含めて、多くの人は最低でも一日10時間近くは拘束されているはずです。

つまり一週間の起きている時間の半分以上が仕事に拘束されていることになります。

 

となれば、どれだけ割り切ろうと思っても実質仕事は生活の中心になってしまうのです。

そんな仕事に影響を受けないのは不可能に近いです。

 

仕事のストレスが大きければプライベートが侵食されますし、人生全体に悪影響が出ます。

それで気持ちがネガティブになれば、行動力や考え方に悪影響が出ます。

仕事と人生の関係は、切っても切り離せないのです。

 

だからこそ途中でお伝えしたように、仕事選びはすごく大切なのです。

自分の理想とする人生を実現する為にはどんな仕事を選ぶべきか、それを考えなければいけません。

もちろん入念な自己分析を行った上でです。

 

もしあなたが今、仕事の環境が合わず苦しんでいる…

とてもじゃないけど、今の環境で気持ちを切り替えて頑張っていくことなんてできない…

そう思っているなら、一度転職活動をしてみませんか?

 

現職をキープしたままでいいので、転職エージェントに登録して転職活動をしてみるのです。

他社の情報や雰囲気を知るだけでも刺激になりますし、自分がどうしたいか気持ちがハッキリしますよ。

 

ただ悩んでいても人は答えを出すことができません。

行動を起こして情報収集をしないと、答えを出す為の判断材料すら揃わないからです。

 

自力での転職活動はかなりしんどいですが、今はエージェントがあるので本当に便利です。

企業との事前のやり取りや面接の手配など、大変なことは全てエージェントが行ってくれます。

それに転職エージェントは非公開求人という、一般公開されていない求人も持っています。

 

当サイトではキャリアスタートという転職エージェントをおすすめしています。

20代の若手を専門にした少数精鋭の転職エージェントで、二人三脚の丁寧なサポートを行っています。

 

マンツーマンの面談もあるので、担当者と相談をしながらしっかりとあなたの働き方を決めることができます。

あなたの人生を良い方向へ導く為に、どんな仕事や環境が必要なのかを考え、しっかりと要望を伝えて下さい。

 

明確に決まっていた方が担当者も求人を探しやすいですし、ミスマッチを防ぐことにも繋がります。

そして譲れないポイントについては妥協をせず、しっかりとあなたの意志で活動を進めて下さいね。

 

キャリアスタートがどんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

また、転職エージェントを利用する際は要望をしっかりと伝え、時には断る勇気を持つことが大切です。

私は過去にそれで大失敗しているので、ぜひ反面教師として下記の記事を参考にして下さい。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

キャリアスタートは、あなたが人生を変える為に踏み出す大きな一歩を支えてくれるはずです。

上手く活用し、充実した素晴らしい人生を実現して下さいね!

→ まずはキャリアスタートへ無料相談