連勤を終え、ようやく訪れた休日。

でも、そんな休日をだらだらと無駄に過ごして余計に疲れてしまうことってありませんか?

そして休日明けの出勤がすごく憂鬱になったり…

 

普段が仕事で忙しい人ほど休日は疲れて無気力になってしまいますし、そもそも休み方がわからなかったりしますよね。

でも、この休みの使い方次第で体と心の健康度が大きく変わってくるんですよ。

体と心の健康度は寿命に直接影響するので、決して軽視することはできません。

 

ですので、私が体を張って様々な休日の過ごし方を検証してみました。

それぞれの長所や短所、実際にやってみて感じたことをお伝えしていきます。

 

ぜひ参考にし、あなたが少しでも興味を持ったものがあれば試しにやってみて下さい。

たった一つ有意義な休日の過ごし方を見つけるだけで、人生全体が充実して楽しくなってきますよ。

 

趣味・娯楽編

ここでは一番多いであろう、趣味・娯楽での過ごし方をご紹介していきます。

 

音楽(楽器演奏・バンド活動)

私は実際に音楽が趣味で、今でもギターやピアノを演奏しています。

楽器とはとにかく不思議なもので、一度ハマり出してしまうと呪われたかのように一生手放せなくなります。

 

魅力を具体的に挙げるとするなら、大きく分けて3つあります。

①純粋に楽器を弾いている時間が楽しく、心の底から癒されるような感覚を覚える

②ひたすら練習をして技術を磨いていく中で、難しいフレーズを弾けるようになった時の達成感

③バンドを組めば、同じ目的を持った仲間と楽しい時間を過ごせる

 

このように音楽・楽器には様々な魅力があります。

特に③のように実際にバンド活動を始めると、音楽はもちろん仲間と集まること自体が毎週の楽しみになります。

同じバンドを組んでいるというだけで、本当に話題は尽きなくなります。

 

音楽の話や他愛のない話をしながらバンドメンバーで楽しい時間を過ごすことができます。

さらにライブをしたり活動を広げていけば、どんどん人脈も広がっていきます。

ネットのバンドメンバー募集サイトでも初心者バンドの募集が多く、気軽に見つけられるのでおすすめですよ。

 

短所としては、一度ハマり始めるととにかく時間が欲しくなります。

最初は気軽な活動でも、やっているうちにライブ・CD制作等色々なことに興味を持ち始めるからです。

仕事中も音楽のことを考えたりと、とにかく仕事が邪魔に感じるようになるかもしれません(笑)

 

読書

私は一時期文庫本にハマっており、推理小説ばかり読んでいた時期がありました。

そこで、しばらく休日の全てを朝から晩までひたすら読書で過ごすという生活を送ってみました。

 

小説もマンガもそうですが、面白い作品は一度世界に入り込んでしまうと止まらなくなってしまいますよね。

とにかく夢中で読み始めて、気が付けば夜になっていたなんてことも珍しくありません。

 

これは個人的に感じたことですが、常に字を読んでいるので頭の回転が良くなるように思います。

新しい漢字も覚えたり、作品を楽しみながら脳を鍛えられるのは大きな魅力だと思います。

また作品の世界観に没頭することで日頃のストレスが解消されるというメリットもあります。

 

ただデメリットとしては、休日を終えて仕事に行こうと思うととにかく体調が悪いですね…。

肩こり・眼精疲労と、とにかく仕事が辛い状態の体になっています。

 

読書ばかりだと運動不足にもなってしまいますし、読書は時間制限を決めて取り組んだ方がいいように思います。

「休日のお昼に」「毎日夜寝る前に」のように習慣としてどこかに取り入れるのがいいかもしれません。

 

ゲーム

個人的にゲームは大好きなので、寝る間も惜しんで休日全てをゲームに費やすこともあります。

これは読書に似ていますが、ゲームの世界に入り込んで夢中で楽しんでいるとあっという間に時間が過ぎます。

そしてそれは、日頃のストレスを忘れさせてくれるようなとても心地よい時間です。

 

また読書と違い、実際に映像や音楽があるのでより世界観に入り込んでしまいます。

つまりそれだけ、休日明けの仕事が憂鬱になります(笑)

急に現実世界に引き戻されたような…休み明けの朝は虚しさと絶望感でいっぱいになります。

 

ただ、本当に休日が暇でひたすらゴロゴロしているだけの人にはおすすめです。

特にオンラインゲームなんかは長時間楽しむことが出来ます。

実際に他のプライヤーたちと一緒に遊んだり会話をすることができるので、ほとんど飽きることがありません。

 

オンラインゲームをやっている人たちは、プレイ時間1000時間ぐらいなら軽く超えてきます。

それぐらい中毒性が高く、長く遊べるゲームでもあります。

 

「ネトゲ廃人」という言葉もある通り、中にはゲーム中毒になってしまう人もいるのでそこは要注意ですが…。

ただ、あまりにも暇でスマホでネットサーフィンばかりやっている休日なら、ゲームの方が楽しめると思いますよ。

 

散歩

散歩は、全ての休日の過ごし方の中でもかなりおすすめです。

特に仕事のストレスが休日に抜けない人、休日なのに心が落ち着かない感覚がある人にはおすすめです。

 

晴れた休日に自然公園のような緑の多い場所に行くと、本当に心が癒されます。

ゆっくりと歩きながら、お茶やコーヒーを買ってその辺のベンチに座ってみて下さい。

そして公園に生えている深緑の木々を、ぼーっと眺めてみて下さい。

 

そうすると荒ぶっていた心が、少しずつ静まり返っていくのです。

普段仕事ばかりしていると、自分でも無意識のうちに常に心が力んだ状態になっています。

その状態では心が充分に休息をとることができないので、リラックスさせてあげる必要があるのです。

 

ストレスが溜まっている、なんだか気分が優れない…そう感じた時には、気軽に散歩に出かけてみて下さい。

自然と触れ合うことで日頃のストレスを解放できるはずです。

 

一人映画

私は休日の過ごし方を検証する為に映画を一人で観にいったのですが、逆に人と行くのが嫌になりました(笑)

と言いますのも、人とのコミュニケーションが目的ではなく本気で作品を楽しめるからです。

 

一人でチケットを買い、一人で上映室に入り、一人で作品を観て、一人で余韻にひたる…

本気で作品を楽しみたいなら、むしろ映画は一人で行くべきだと感じました。

とにかく作品の世界観に没頭し、感動を持ったまま帰宅することができます。

 

一人映画には人と一緒に観に行くのとは別の楽しさがあります。

贅沢な自分だけの時間を過ごしているような、そんな感覚でしょうか。

 

最近は映画もお一人様が多く、一人で行っても全く浮くことなく楽しむことができます。

気になってる作品があるなら、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

 

一人カラオケ

今流行りの一人カラオケ、これも検証して参りました。

実際にカラオケに行くと、むしろお一人様の方が圧倒的に多かったですね。

 

皆で行くカラオケはパーティのように楽しむ感じですが、一人で行くと本気で歌を楽しむ感じになります。

同じ曲を何度でも入れられますし、本格的に歌を練習することもできます。

採点機能を使ったり、歌唱技術を高める練習をしたりと…非常にストイックな場になります。

 

正直、歌を歌うのが楽しくないという人はほとんどいないと思います。

「恥ずかしい」「自信がない」等何かしらの理由で躊躇している人は多いですが、誰だって自由に歌えたら楽しいはずです。

その証拠に、多くの人は機嫌が良い時に鼻歌を歌ったりします。

 

余計な感情を全てとっぱらって、自分の好きなように満足するまで歌えるのが一人カラオケです。

ストレスの発散にもなりますし、大きな声で歌っていると体も使います。

家でごろごろしているよりよほど健康的ですし、昼に行けば料金も非常に安いです。

 

あなたも一人カラオケで、ストレス発散や歌の練習をしてみてはいかがですか?

一度ハマったら抜け出せなくなってしまうと思いますよ。

 

人と飲みにいく

人と飲みにいく、これは会社員が一番やっている過ごし方ではないでしょうか。

私はこれが一番注意が必要だと感じています。

 

今後も付き合いを大切にしたい友人や、お世話になっている人とは楽しい時間が過ごせると思います。

ただ暇だからと言って適当な知り合いと飲みに行くのは、本当に時間とお金がもったいないと思います。

 

よく飲み会中にグダることがありませんか?

会話のネタがなくなったり、なんかしんどくなってきたり…

私も経験がありますが、なんで時間とお金を消費してこんなつまらない思いをしているんだろう…と。

 

逆に本当に楽しい飲みは、時間が一瞬で過ぎてしまいます。

「もっとお話していたかったのに…」そんな風に思いながら終える飲みは最高です。

またその人と会うことを楽しみに、日々を過ごしていけるからです。

 

飲みはコミュニケーションなので、相手を慎重に選ぶ必要があると思います。

大切な人、お世話になった人、素敵な時間を共有できる人と飲みに行きたいですね。

 

資格・勉強編

ここではストイックに、学問や資格の勉強等での過ごし方をご紹介していきます。

 

学問を学ぶ

少しでも興味のある分野があれば、本格的に勉強してみるはすごく面白いと思います。

そこから膨大な知識を学ぶことができ、今後の人生に大いに役立つ可能性があるからです。

 

私はもともと心理学に興味があったので、少し前までずっと心理学の勉強をしていました。

海外の大学の心理学部で使われるような分厚い参考書を使い、数ヶ月間に渡って読み込みました。

 

結果から言いますが、本当に勉強して良かったです。

私にとっては初めて触れた分野だったので、本当に学ぶことが多く世界の見え方が変わったぐらいです。

また心理学という性質上、自分の人生に役立つ情報がたくさん詰まっていました。

 

普通の読書とは違い、考えたり調べながら読み進めていくのでとにかく頭の回転が良くなります。

多くの知識を得られる上に、脳の働きが凄まじいほど活発になります。

たった一つ分野を数ヶ月勉強しただけで、ここまで人の脳は進化するのかと…

 

天才と呼ばれるような人たちは、きっとこんな勉強を繰り返しているのだと思います。

経営者等の成功者たちが勉強好きなのも納得してしまいました。

 

あなたも試しに興味のある分野の勉強をしてみてはいかがですか?

義務として勉強をしていた学生時代と違い、自分から学ぶことで脳が大きく進化しますよ。

 

資格の取得

資格の勉強というのは、社会人としてはベタな選択かとは思いますが…

私は二年ほど前になりますが、とある資格を勉強して取得しました。

これは正直「趣味・娯楽」として紹介しようかと思ったぐらい楽しかったです。

 

私が受けた資格は合格率が低く、高卒の私にとっては難易度の高い資格でした。

合格に向けて必死に勉強をして、万全の状態を作って本番の試験に挑む…

学生時代の受験のようなドキドキ・ワクワクをまさか大人になってから味わえるとは思いませんでした。

 

大人になればなるほど、何かの目標に向けて必死に勉強するということが無くなりますよね。

でも、資格の取得を目指せばまた新鮮な気持ちで勉強に取り組むことができます。

 

実際に勉強をしてみて思ったのですが、やっぱり勉強をすると脳が活性化します。

大人になれば脳は衰えていくだけですが、目標を持って勉強していると衰えが止まるどころか進化します。

非常に頭の回転が速くなり、物覚えもよくなるので老化防止にもつながると思います。

 

受験する当時の私は通勤・退勤の電車の中でも参考書を読み、土日は食料を買い込んで引きこもって勉強していました。

大人になってからあそこまで必死になったのは、あれが初めてだったと思います。

脳が成長すること、資格が得られること、それ以上に大切な「目標に向けて努力する」という気持ちを思い出しました。

 

ただ一つ欠点があります。

それは落ちる可能性もあるということです。

 

私は二年前に資格を取得しましたが、実は四年前に受けた時には落ちたのです。

必死に勉強に打ち込んだ挙句1点足りずに落ちた当時は、しばらく無気力になり何もできませんでした。

一年に一回しか無い試験だったのでリベンジするにしても一年後…あれは相当ショックでした。

 

こういった失敗も経験と言えば経験ですが、メンタルを考えると大きなリスクではあります。

ある程度試験回数のあるものや、最初は難易度の低い資格を狙った方がいいかもしれないですね。

 

ただ資格の取得は大変ではありますが、これだけ有意義な過ごし方はなかなか無いと思います。

それこそ暇な休日をただ遊んで過ごすなら、資格の取得を目指して勉強してみるのも面白いかもしれませんよ。

 

副業・アルバイト編

休日までもお金のことを意識した、副業・アルバイトでの過ごし方をご紹介していきます。

 

派遣アルバイト

会社員が副業としてアルバイトをするなら、派遣アルバイトになると思います。

好きな時だけ参加できる派遣アルバイトが、会社員との相性が一番良いからです。

 

私は少し前、派遣会社に登録して休日は現場仕事に行っていました。

資材の搬入等を行う、いわゆるガテン系のアルバイトです。

 

副業の目的と言えばお金ですが、私はお金よりも健康面に恩恵を感じました。

汗を流しながら力仕事をすることで、体が鍛えられるだけでなく肌も綺麗になります(笑)

 

休みの日まで働いたら疲れて体が休まらないのでは…と思われるかもしれませんが、違うのです。

むしろ体が軽くなり、普段の本業が楽に感じるようになります。

 

実際に働いてみて驚いたのですが、副業として働きにきている会社員の方が多かったのです。

そしてその人たちも皆「運動できるのがありがたい」と言っていました。

 

お金稼ぎが目的のはずの副業で、健康面まで改善されるのは非常にありがたいですよね。

きついガテン系のアルバイトでなくても、接客やイベント等立ち仕事を選ぶだけでかなりの運動量になりますよ。

 

ただ欠点としては、副業禁止の会社では隠さなければいけないということです。

力仕事のアルバイトをして怪我をしようものなら、バレて大変なことになるかもしれませんね。

 

ネットビジネス(副業)

ブログ・ネットワークビジネス・youtuber・転売・クラウドソーシング etc...

今流行りのネットビジネスには様々な種類があります。

自宅でパソコン(もしくはスマホ)一台あればお金稼ぎができるのが魅力とされていますね。

 

実際にブログで副収入を得ている私が言うのもどうかと思いますが、あまりおすすめはしません。

実際に副収入を得られるようになるまで膨大な時間と作業量が必要になるからです。

しかも膨大な時間と作業量を費やした挙げ句、稼げずにやめていく人が大多数です。

 

胡散臭い人や情報も多く、非常に闇の深い世界であると思います。

単純にyoutuberを楽しんだり、クラウドソーシングでコツコツ稼いだりするのはいいと思います。

 

ただ美味しい話は間違いなく存在しないので、まだやったことのない人は下手に飛び込まない方がいいかもしれません。

また休日引きこもって一日中パソコンをいじっているので、精神的にも悪影響しかありません。

 

運動・スポーツ編

運動不足になりがちなサラリーマンの一番の課題でもある、健康を意識した過ごし方をご紹介していきます。

 

筋トレ

筋トレをするだけで人生が華やかになる…それぐらい有意義でおすすめな過ごし方です。

健康に良い・見た目が良くなる・筋力がつく・自信がつく・根性がつく etc...

このように筋トレには良いことしかありません。

 

筋トレを継続していると、生活の中で様々な変化を実感します。

仕事の成績が良くなったり、異性からモテるようになったり、目に見えて環境が変わっていきます。

そしてどんどんアクティブになり、人生そのものが明るくなっていきます。

 

よくテレビでも、筋肉芸人とかが出ていますよね。

ちょっと異常に見えるかもしれませんが、実際ハマり出すと止まらない人が多いのです。

 

最初は辛かったのに、どんどんハードなメニューにも耐えられるようになり…

見た目が引き締まり、人一倍たくましい肉体を手に入れられる。

これが快感になり、体を鍛えることにハマり出してしまうんですね。

 

ちなみに私は10年以上筋トレは続けていますが、メンタルにも良いので本当におすすめです。

逆に体を鍛えるのをやめるとメンタルが弱ってしまい、普段の生活が辛くなってしまいます。

 

ちなみにジムなんかに行かなくても、自宅で20分ぐらい筋トレするだけで充分ですよ。

週に2~3回、一日20分筋トレを継続していくだけでも驚くぐらい身も心も変わります。

それなら時間も取られないですし、まずは気軽に自宅での運動から始めてみてはいかがですか?

 

ジョギング

ジョギングも筋トレと同様、人生が華やかになる素晴らしすぎる過ごし方です。

筋トレに比べ、ジョギングはより実生活にもたらす恩恵が多いと感じます。

 

ジョギングを継続していると、とにかくスタミナがつきます。

走っても走っても息切れが起こらなくなりますし、簡単にスピードが出るようになります。

なんだか素晴らしい肉体を手に入れたような気分になります(笑)

 

仕事や普段の生活でもバテにくい、強靭な肉体と精神を作ることができます。

ジョギングはぜひ取り入れてほしい、一番おすすめの習慣です。

 

ちなみにですが、ジョギングは無理なくゆっくり走る方が健康に良いとされています。

そういった有酸素運動をしていると、脳内で様々な物質が分泌されます。

その中にあるセロトニンと言う物質は、メンタルを安定させる効果もあるんですよ。

 

逆にスピードを上げて走りすぎると、関節等体を痛めてしまう原因にもなります。

アスリートではありませんので、健康の為に無理なく走るのが一番なのです。

 

ジョギング自体は一時間もあれば充分な運動ができますし、一週間のどこかに習慣として取り入れてみてはいかがですか?

健康な体と心が作れれば、生活が本当に楽になりますし人生が楽しくなるはずです。

 

スポーツ

筋トレ・ジョギングのように作業的に運動するのが苦手な人は、スポーツがおすすめです。

友人やその繋がりを使って人を集めれば、フットサル・バスケ・卓球等様々なスポーツを楽しめます。

 

人とのコミュニケーションも取れますし、社交的な人にはすごく有意義な時間が過ごせると思います。

スポーツを楽しみながら人との繋がりを持てる、そう考えるとなかなか魅力的な場だと思います。

 

ただ私は個人的に、デメリットの方が多いように感じました。

人が多数集まろうとすると、どうしても無駄な時間が多く拘束時間も長くなります。

 

運動だけなら自分一人で短時間で済ませられますし、コミュニケーションを取るならもっと最適な場もあります。

「サッカーが好き」「バスケが好き」「人と話すのが好き」という人に向いていると思います。

 

一番有意義な過ごし方は?

ここまでで挙げた全ての過ごし方を見てお気づきになったかもしれません。

そう、一つ一つは短時間で出来てしまうものが多いのです。

 

つまり、その時自分が一番やりたいものを組み合わせて休日を過ごすのが一番なんです。

ゲーム・読書・勉強のように丸一日出来てしまうものもありますが、没頭しすぎると心身共に不健康になります。

これらは他のものと組み合わせることで時間制限もできるので、一石二鳥です。

 

一番重要なのは「その時あなたが一番やりたいと思うこと」を選ぶことです。

「〇〇しなければならない」という義務感は苦痛に感じてしまうので、「〇〇したい」というものを選びましょう。

「今日は何もしたくない、休みたい…」という時は、何もせず休むことも大切ですよ。

 

一つだけ確実に言えることは、テレビやスマホを観て一日ダラダラ過ごすのは良くないということです。

心が病みがちな人、仕事に行きたくないという人ほどこういった生活を送ってしまっているのです。

 

もちろん疲れている時は休むことも大切ですが、元気がある時は有意義な休日の過ごし方を探してみましょう。

気持ちの切り替え一つで、休日は本当に充実しますよ。

 

また、こういったプライベートが実現できないような残業ばかりの会社にいるなら転職も考えてみて下さい。

仕事ばかりの人生を送っていると、いつか仕事を辞めた時、本当に空っぽな人生になってしまいます。

仕事もプライベートも楽しめるよう、全力で生きていきましょう。