会社を辞めてから転職したいと思っても、「転職先を決めてから辞めた方がいい」とよく聞きますよね。

会社を辞めてからの転職が「何故よくないのか」気になりませんか?

 

多少の貯金がある、もしくは生活が何とかなる状況で、あなた自身に抵抗がなければ先に退職をしても問題ありません。

その代わり、辞めてからの転職に伴う「リスクと対処法」を、事前に知っておく必要があります。

 

こちらでは「先に退職する場合のリスクとその対処法」を5つの項目に分けてお話していきます。

知らないと後で後悔する内容ばかりの為、必ずお読みいただきたい内容です。

 

失業保険は大事な切り札

雇用保険に加入していれば退職後に失業保険をもらえますし、早く再就職が決まれば再就職手当がもらえます。

転職先を決める前に退職した人であれば、ほぼ100%利用する制度だと思います。

 

ただ一つだけ注意したいところがあります。

失業保険を受給した場合、次の仕事を1年以内に辞めてしまうと次の退職後は失業保険をもらうことが出来ません。

 

「過去2年間の間で12ヶ月以上雇用保険に加入していること」が条件の為、少なくとも次の仕事で1年以上雇用保険に加入しておく必要があります。

もし何らかの事情で次の仕事を1年以内に退職した場合、失業保険をもらうことが出来なくなってしまうんです。

※会社の倒産やリストラの場合には条件が異なります。

 

健康体であれば問題ありませんが、体調不良等の働けない状態になっていた場合は生活資金が途絶えてしまいます。

今後のプラン・働き方を充分に考慮した上で失業保険を利用するようにしましょう。

 

異常な無気力に苛まれる

在職中は「気合いを入れて転職を頑張るぞ!」と意気込んでいますよね。

しかし、会社を辞めた後はひと段落した感じと言いますか…長い争いを終え、平和が訪れたような特別な感覚を抱きます。

 

そんな穏やかな気持ちで過ごす、緊張感・刺激のない日々は想像以上に気力を奪っていきます。

今まで絶えず仕事や人間関係のストレスに晒されてきたのに、それらがある日突然「ゼロ」になるのです。

想像しただけでも穏やかすぎる気持ちになりませんか?

 

私もブラック企業を退職した直後は、一瞬気力を失ってしまいました。

ちょうど春だった為、公園で半日ほど桜を眺めて過ごしたこともあります。

何にも縛られない生活の中で気力を生み出すには、「徹底的な自己管理が必要だ!」と強く感じた瞬間でした。

 

しかし、これは「とある2つの習慣」で簡単に解決出来るので安心して下さい。

①社会で活躍している人との交流を定期的に取ること

②ジョギングや水泳等の有酸素運動を行い、運動不足に陥らないようにすること

この2つを実践するだけで大丈夫です。

 

①は普通に転職エージェントに登録し、積極的に転職活動を行っていれば問題ないと思います。

更に現役のビジネスマンである友人等と交流が出来れば、より一層強い刺激を受けて気力をキープ出来るはずです。

 

②もすごく重要で、運動不足は不眠症・慢性的な疲労を引き起こし、無気力の原因になります。

また不健康なだけでなく、精神疾患の原因にもなります。

 

有酸素運動は脳内でセロトニンという神経伝達物質を多く生み出し、そのセロトニンが心に安らぎを与えます。

実際に運動を継続している人はストレス耐性が高く、うつ病発症率が低いという研究結果も出ています。

 

出来ることなら転職後も有酸素運動を続け、健康な心で毎日を過ごしていきたいですね。

 

焦って妥協しやすくなる

経済的な危機感を覚え、焦って妥協した結果、転職前よりも更に労働条件が悪くなったという例もあります。

多少の貯金を持って辞めたとしても、刻一刻と貯金は減っていきます。

 

経済的に余裕が無くなってくると精神的にもダメージを受けますし、段々と焦りが生まれてきます。

希望した企業から不採用通知が届く度に大きなストレスを感じるようにもなります。

「他にもっと良い企業があるのでは…」と思いつつも、選ぶ余裕がなくなってきてしまうんです。

 

とある転職エージェントの調査によれば、転職活動で消費する平均金額は50万円を超えるそうです。

そのほとんどが特別な贅沢などしておらず、家賃や食費・交通費等の通常の生活費で消えているというのが事実です。

 

簡単に採用されるような不人気の企業、つまり待遇や労働条件が悪い企業であればすぐに決まります。

しかし、せっかく転職するのであればホワイトな環境がいいですよね?

そういった人気企業を狙うのであれば、それなりの期間が必要になることを計算しておかなければいけません。

 

そこそこの貯金がある、もしくは実家を頼れる等、生活が何とかなるなら問題はありません。

しかし生活がかかっている場合には、「先に退職する」という選択は慎重に検討しましょう。

 

ご参考までに、こちらでホワイト企業に就職する為の極意をご紹介しています。

→ 「やりがい・収入・幸せ」全ての大前提!ホワイト企業の見つけ方

私自身がこの方法でホワイト企業に転職できたので、ぜひ参考にしてください。

 

良い求人が見つからない

時期やタイミングにより、応募したい求人自体が存在しない場合があります。

中には「東京に住んでいる20代」なのに求人が見つからなかった、という例もあります。

 

上の項目でもお伝えしましたが、ブラック企業のように待遇や労働条件の悪い企業はいつでも募集がかかっています。

しかし優良企業、人気企業の求人は常にあるものではありません。

条件の悪い所に入ってしまったら、転職した意味がまるで無くなってしまいます。

 

毎年2~3月になると求人が増えたりしますし、業界によって求人が多く出回る時期が違いますよね。

あなたの狙っている業界を事前に調べ、退職前に求人状況がどうなっているのか入念にチェックしておきましょう。

 

ブランク期間が長くなる

先に退職をすれば、当然ブランク期間が出来てしまいます。

転職が長期戦になるほどブランク期間も当然延びていきます。

 

ブランク期間が長くなればなるほど自身の感覚やモチベーションが鈍っていきますし、面接で与える印象も悪くなります。

感覚やモチベーションをキープする為の工夫や、面接で悪い印象を与えない為の上手な受け答えを用意する必要があります。

 

この辺りの経歴が気になる場合や、面接で空白期間を指摘された場合に上手く凌ぐ自信がない場合には注意が必要です。

転職前に慎重に計画を立て、タイミングを見計らい、転職が長引かないように注意しましょう。

 

ベストな転職のタイミングは?

こういったデメリットを考慮すると、やっぱり転職先を決めるのが先かな…と改めて考えてしまいますよね。

ですが私は、基本的に直感を信じていいと思います。

「貯金が無いけど辞めてやる…!」のような無謀な行為はおすすめしませんが(笑)

 

「どうしても先に辞めたい」と思うのは、今の仕事環境で相当なストレスを感じているからではないでしょうか?

労働条件や人間関係が体調不良を起こすぐらい悪いのなら、先に退職してリフレッシュするのも良い選択だと思います。

 

むしろ先に転職先を決めてしまうと、ゆっくり療養する時間も取れません。

思いっきりリフレッシュし、新しい環境では心機一転頑張りたいですよね!

 

逆に「資金には余裕を持っておきたい」「現職に未練がある」と思っていれば、先に辞めようとは思わないはずです。

辞めてしまったらもう戻れなくなってしまいますし。

 

このように、「直感」は今のあなたの気持ちを表しているはずなので、信じてもいいのではないかと思います。

ただ、曖昧な選択や行動だけは危険なのでやめましょう。

 

いつまでに辞め、いつまでに転職したいのか。どんな転職先を探すのか等…

プランをしっかりと考え、それに向けて常に行動を起こしていきましょう。

 

何をするにも事前調査や準備が必要なので、迷い続けたまま決断をズルズル延ばしてしまうと悪い方向へ流されます。

確実に目標に近づけるよう、着実に計画を進めていきましょう。

 

自分の好きなように進める秘策

・会社を先に辞めたいけど、ストイックに自己管理できる自信はない

・すぐに次の仕事を決めたいわけじゃないけど、あんまり怠けてしまうのも嫌だ

・無職期間を長引かせすぎずに良い転職先を見つけたい

 

こんな時に頼りになるのが、やはり転職エージェントです。

転職エージェントとの面談やメールによるやり取りは、程よい緊張感が発生して無気力に陥るのを防いでくれます。

また、転職エージェントが面接等のスケジュールを組んでくれる為動かざるを得なくなります。

 

いつ頃から働きたいのか、どんな条件の仕事を希望しているのかを明確に伝えることで、

求職(休みたい)期間や紹介してもらう求人をある程度コントロールすることができます。

その為にはあなたの希望を丁寧にヒアリングし、それを実現する為にしっかりとサポートしてもらう必要があります。

 

当サイトではキャリアスタートという転職エージェントをおすすめしています。

20代の若手を専門にした少数精鋭の転職エージェントで、徹底した二人三脚のサポートを行っています。

 

時間をかけたマンツーマンの面談では、あなたの希望を丁寧に伝えることができます。

一人一人に時間をかけた丁寧な対応は、利用者の多い大手の転職エージェントでは実現不可能なサポートです。

また、一般公開されていない優良な非公開求人も多数扱っているので、その他の恩恵も受けられます。

 

キャリアスタートがどんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

また、転職に大失敗した私の経験談も参考になるかと思い記事にしてみました。

全てを赤裸々に綴ってありますので、反面教師としてぜひ参考にしてやってください。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

キャリアスタートは、あなたのペースに合わせたサポートを行ってくれます。

上手く活用し、あなたの望む転職活動を実現して下さいね。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談