今の仕事環境が合っていないと、ふと「転職」という言葉が頭に浮かんできませんか?

転職が当たり前の時代とは言われていますが、そんな簡単に決心出来たら苦労はしないですよね。

 

「転職を簡単に決めるのは良くないよな…」

「会社の人に何言われるかわからないし…」

「今より良い会社に入れるとも限らないし…」

私も転職する時は色々な思いに足を引っ張られ、最初の一歩を踏み出すことがなかなか出来ませんでした。

 

でも、少し冷静になってみるとそこまで大きな問題でもなかったりするんです。

そのモヤモヤを引きずったまま、限られた貴重な人生を削っている方がよっぽど勿体ないと思いませんか?

 

転職が当たり前となった「時代の背景」や「理由」を見てみると、一気に気持ちが軽くなりますよ。

 

この記事ではその「時代の背景」や「理由」について、順を追ってお話していきたいと思います。

ぜひ参考にし、あなたの人生を良い方向へと変える為の判断材料にしてくださいね!

 

長く働くメリットが崩壊

一つの会社に勤め上げ、生涯を捧げることが美徳という考え方は古いものとなりました。

なぜなら時代が変わり、長く働くメリットが失われつつあるからです。

その失われたメリットは主に二つです。

 

終身雇用制度の衰退

終身雇用制度を前提とした「退職金制度」を採用している会社は、ここ20年で17%も減少しています。

そして今この瞬間も減少し続けています。

 

この制度がなくなったら、一つの会社に勤め上げる魅力を感じなくなってしまいますよね。

それにこんな時代ですから、今勤めている会社が40年後、50年後に存続している保証もありません。

 

年功序列制度の廃止

年功序列制度も、多くの企業が廃止を始めています。

ひと昔前のような【勤務期間=給料】という美味しいシステムが、淘汰されてきているのです。

 

中小企業やベンチャー企業だけでなく、大企業ですらこのシステムを廃止し始めています。

勤務期間と給料が比例しないのであれば、完全な実力主義ということになります。

そうなれば当然、待遇の良い会社があれば転職したくなりますよね。

 

以上のような理由から、一つの会社に勤め上げることのメリットは少なくなってきています。

この状況に加え世の中は売り手市場になっています。

転職が当たり前となるのも頷けますよね。

 

会社に頼らない生き方が主流に

上記の項目でお伝えしたように、世の中は実力主義になりつつあります。

そうなれば注力すべきなのは「あなた自身のスキル」です。

 

会社の為に働くのではなく、どこでも生きていけるように自分自身のスキルを磨くことが重要になってきます。

 

今の20代の人の多くは、言われずともそんな働き方をしています。

起業・フリーランス・ジョブホッパー etc...

良い意味で利己的に、賢い生き方をしていると思います。

 

事実、新卒の3割以上が3年以内に転職を行っています。

また、20代の60%以上が転職を考えているというアンケート結果もあります。

転職が当たり前に、ポジティブに捉えられている証拠ですね。

 

自分の働き方・考え方を見直そう

自分がどう在りたいのか、どんな人生を歩みたいのか。

これを「仕事」ではなく「人生」という枠組みで考えてみてください。

 

当たり前のことに感じるかもしれませんが、毎日同じ会社に通い、同じ仕事を繰り返していると、いつの間にか忘れてしまうんですよね。

 

私は昔、期待に胸を膨らませ、目を輝かせて就職したことがありました。

でも激務やクレーム対応に追われているうちに、気が付けば「嫌々」仕事をしている自分に気づいたのです。

 

自分が送りたかったのはこんな生活だったのか、こんな人生だったのか?

限りある人生の一部を、ただただ浪費してることに虚しさが込み上げてきました。

 

当然「嫌々」働いていると、スキルはもちろん人としても成長しません。

なんとか転職を決意し、自分の納得のいく生活を取り戻すことができましたが、勿体ないことをしたと激しく後悔しました。

 

もし今の生活に充実感が無ければ、あなたもこの機会に一度考えてみてください。

会社に勤めている時の拘束時間は、移動時間・休憩時間も含めれば、

一週間の起きている時間のうち半分以上を費やしていることになります。

その多大な時間にやりがいを持てないのはすごく悲しいことだと思います。

 

それにこれからの時代はシステム化・AIの登場で人の仕事は奪われていきます。

少しでもクリエイティブに仕事をこなし、スキルを磨き、どんな時代でも活躍できる人間になりましょう。

 

転職時の注意点

転職が当たり前と言っても、一部の大手企業・老舗企業は転職に悪いイメージを持っている場合があります。

時代は変わりつつありますが、まだまだ古い考えが残っているのも事実です。

 

転職する際は事前調査を入念に行うことを忘れてはいけません。

希望している企業や業種が定まっている場合、もしかしたら中途採用が厳しい可能性もあります。

見切り発車で飛び出してしまうと痛い目に遭うこともありますので、入念な事前調査は必須です。

 

転職するなら今よりも良い環境にしたいですし、勢いを殺さず、慎重さも忘れないようにしていきましょう!

 

全てあなたの意思次第

最終的に大事なのは、あなたが「後悔しない生き方」を選ぶことです。

 

「人生を幸せに生きられるかどうか」の基準で考えたら、

「転職するかどうか」は些細なことに思えませんか?

大袈裟な表現かもしれませんが、私はそう思っています。

 

転職するにしても、今の会社に残るにしても、

あなたが5年後、10年後を考えた時に「後悔しない選択」をしてください。

 

周りの意見や一般論を気にしすぎると、絶対に後悔してしまうと思います。

自分の意志で選択した道なら、仮に失敗しても良い経験や思い出になりますよ。

 

後悔しない為には?

転職に正解・不正解はありません。

誰もが自分の人生を良くしたいと思う中、自己責任で行う一種の挑戦です。

 

でももし「転職したい」という気持ちがあるなら、無視してはいけないと思います。

転職が100%成功するという保証はありませんが、「しない後悔」よりは「やった後悔」の方がいいと思いませんか?

それに、自身でしっかりと調査や対策をしていけば成功率はグンと高まります。

 

「どうしようかな…」「もう少し考えてみよう」と、何度も決断を先延ばしにしていませんか?

私は時間を無駄にしない為に、転職エージェントへの登録をおすすめしています。

それには大きすぎるメリットがあるからです。

 

今の職場をキープしつつ転職エージェントに登録し、実際に転職活動をしてみるのが一番効率的だからです。

転職エージェントで新鮮な情報を仕入れ、他社の雰囲気を肌で感じ取り、今の環境と比較検討すればいいのです。

今の職場を辞めるまでは、いつでもリセットできるんですから。

 

迷うこと、考えることも大切ですが、まずは選択肢を増やすことが大切だと思います。

当サイトでおすすめしているキャリアスタートは、少数精鋭で運営している若手専門の転職エージェントです。

 

マンツーマンの面談で丁寧なヒアリングを行い、あなたの希望を実現する為に徹底的なサポートをしてくれます。

幅広い世代をターゲットにした大手の転職エージェントには実現できない、二人三脚のサポートを受けることができます。

 

どんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

また、転職&スキルアップに大失敗した私の経験談も参考になるかと思い記事にしました。

全てを赤裸々に綴ってありますので、反面教師としてぜひ参考にしてやってください。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

まずは今行動を起こし、より良い未来の為に選択肢を増やしていきましょう。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談

※1分程で簡単に登録ができるので、時間はほとんど取られません。