「事務職をやってみたい」と思っても、男性だとそう簡単にはいかないですよね。

実際に細かい作業やサポートが得意で、本当に事務職向きだったとしても簡単にはいきません。

書類選考で落とされたり、批判的な目で見られたり、世の中の風当たりはまだまだ強いです。

 

ただ風当たりが強いのには相応の理由があり、リスクやデメリットがあるのも事実です。

それらを理解し、充分に調査してから決めないと将来的に苦労することになるかもしれません。

 

逆に、充分に調査や検討を重ね、あなた自身が納得した上で事務職に就ければ、素晴らしい生活を実現できる可能性があります。

 

私自身が事務職経験者の為、この辺りは必要な情報を明確にお伝えできると思います。

男性が事務職を志望する場合に押さえておくべきポイントをまとめてみました。

ぜひ参考にして下さいね!

 

男性の事務職は狭き門なのか

よく誤解されていますが、これは一般事務のように作業ベースの仕事に限っての話です。

受付・電話応対・伝票入力・書類作成・整理整頓・お茶出し etc...

これらの仕事は(言い方は悪いですが)誰でもできる仕事であり、会社も高い給料を出せない仕事です。

 

男性の場合はいずれ家庭を持つ可能性もありますし、給料が足りなくなるかもしれないですよね。

男性の正社員はそもそも長期雇用を前提としている為、日々レベルアップし、より会社に貢献できる人材に育ってほしいと思われています。

そんな男性社員に作業ベースの仕事を長期的に任せることはほとんどないと思います。

(あくまで一般論であり、決して女性差別をする意図はありませんのでご理解下さい)

 

それに時代柄、男女問わず一般事務は社員の仕事ではなくなってきています。

積極的にシステム化を取り入れている企業であれば、一般事務の仕事はコンピューターに任せています。

人に任せるにしても、単なる作業であればパート・アルバイトを雇えばそれで解決してしまいます。

 

ただ最初にもお伝えしましたが、世の中を見ると男性の事務職の割合は意外と高いのです。

経理事務・営業事務・生産管理事務・総務事務等であれば多くの男性が活躍しています。

少し特殊なもので言えば、IT事務や不動産の契約事務も男性を募集している場合が多いです。

※士業関連は特殊性や難易度の問題からここでは省きます。

 

このように専門性の高い仕事、業務内容が幅広い仕事、経験・スキル・資格が必要な仕事等、一定以上のレベルを求められる仕事であれば男性も積極的に活躍しています。

こういった仕事であればスキルアップやキャリアアップも見込めますし、非常に魅力的な仕事だと言えます。

 

以上の内容から狭き門なのは事務職ではなく、一般事務に限った話なのです。

もちろん経営者や人事担当者の考え方次第では「事務=女性」と限定しているかもしれません。

しかし現在は多くの求人を見てみても、男性の事務職を募集している企業が明らかに増えてきています。

 

事務職を志望する時の注意点

男性が事務職を志望する場合に、事前に押さえておきたいポイントが4つあります。

私自身が事務職を経験し、非常に重要だと感じたものなので一度は目を通していただきたい内容です。

 

将来のことも考える

企業や職種によりスキルアップ・キャリアアップが見込めなかったり、年収アップが難しい場合があります。

そしていざ転職をしようと思っても、特殊なスキルがないと苦戦を強いられる可能性が高いです。

営業職や技術職と違い、事務職は倍率が圧倒的に高いからです。

 

そのことも踏まえた上で仕事を選ばなくてはいけません。

 

・専門性の高い分野を選び、その道のスペシャリストになる

・コミュニケーションスキルを磨き、営業・交渉まで担当出来るようになる

このように何かしらの工夫をするのがポイントだと思います。

 

計算や入力等の作業は誰でも出来ますし、むしろ機械の方が早くて正確です。

だからこそ人間力のある人はどこにでも必要とされます。

その人ならではの付加価値があれば最高だと思います。

 

志望動機を明確にする

なぜ事務職を志望したのか、事務職を通じて何を目標としているのか、会社にどう貢献していきたいのか?

ここをはっきりさせておかないと、倍率の高い事務職では間違いなく落とされてしまいます。

それに自分の意志を明確にしておかないと、目標を見失ってモチベーションが低下してしまいます。

 

充実した生活を送る為、面接対策の為、志望動機は明確にしておきましょう。

 

ちなみに「営業は無理だから…」のようなネガティブな考えは捨てましょう。

もしそういう理由があったとしても、「どうして事務職が良いのか?」というポジティブな理由を出来るだけ多く見つけましょう。

 

もし「営業が嫌だから」「事務は楽そうだから」等と考えていると、信念の無さが面接で先方に伝わってしまいます。

ポジティブな理由を多く見つけ、ギラギラしたオーラを見せつけてやりましょう。

 

求人票の男女比にも注目

求人票には男女比率が載っていると思いますが、女性比率の高い求人票は優先順位を下げましょう。

男性の採用率が低いことは明白ですし、面接を受けにいっても無駄足になるかもしれません。

もちろん採用される可能性もありますが、女性に囲まれながら黙々と仕事をこなす勇気がいります(笑)

 

それよりも、すでに男性が事務職として活躍しているような職場を選びましょう。

男性が積極的に事務職として活躍しているということは、そういった環境やスタイルが確立されているということです。

 

その方がスキルアップ・キャリアアップも見込めますし、間違いなく収入面も良い傾向にあります。

将来のことも考えると、このように成長できる環境で働きたいですよね。

 

健康に悪い

事務職は基本座り仕事の為、とにかく運動不足になります。

「それぐらい大丈夫」と思っても、座りっぱなしの生活を5年、10年…下手したら数十年続けることになるんです。

そう考えると、健康に絶大な悪影響を与えることは火を見るよりも明らかですよね。

 

脅すわけではありませんが、事務職のように一日中座り続けている人は、立ち仕事をしている人に比べ、将来的に心疾患による死亡率が40%も高くなると言われています。

事務職をやるなら健康面についても何かしらの工夫が必要だと思います。

 

余談ですが私は毎日ジョギングをしていますし、こうやってブログを書いている時も立ちながらパソコンを打っています。

本編の内容とは関係ありませんが、この機会に立つ時間を増やしてみてはいかがでしょうか?

 

男性が事務職に就く方法

ここまでで男性が事務職を志望する際の注意点をご紹介してきました。

今度は実際に求人を探したり、応募する際のポイントを4つに分けてご紹介していきます。

このポイントを押さえておくだけで効率が大幅に変わってきますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

転職エージェントの利用

ご存知の通り、企業によっては事務職は女性しか採用しない所もあります。

そんな中で自力で探すのは根気が必要ですし、効率が良いとは言えません。

 

転職エージェントに登録し、事務職希望の旨を担当者に伝えておけば、転職エージェント側で該当する求人をピックアップしてくれます。

求人情報を出している企業とは連絡を取り合っているはずなので、「男性はダメでした…」なんてこともありません。

 

自分では調べられない細かい部分についても担当者を通じて確認することができますし、手間のかかるやり取りも担当者が間に入って行ってくれます。

また、転職エージェントだけが持つ一般公開されていない「非公開求人」も多数あります。

 

このような理由から、今は転職エージェントへの登録は必須と言っても過言ではありません。

 

派遣会社を利用する

派遣会社の「紹介予定派遣」のような制度を利用するのも有効な手段です。

一定期間の勤務後(基本的に6ヶ月以内)、双方の合意の上で正社員登用するシステムです。

 

このシステムの良い所は、最初は派遣社員として…いわば試用期間のような感じなので、採用のハードルが低いことにあります。

正社員だと人を厳選し、バンバン不採用にしていきますよね?

派遣社員の場合は企業側もいつでも切れる為、正社員ほど厳しく選定しないことが多いのです。

 

つまり一度採用された後、職場で活躍して気に入られてしまえば後はこちらのものです。

そもそも採用されないとアピールできないのが辛いところですが、そこを解消してくれるのが派遣会社の長所だと思います。

派遣会社に登録するのも有効な手段だと思います。

 

資格を取得する

これは王道な手段ではありますが、業界によっては資格を取得しておくとかなり有利になります。

もちろん実務経験ほどは重宝されませんが、「勉強している」という事実で前向きな姿勢をアピールできるので、未経験歓迎の企業には効果的です。

 

資格と充分すぎるやる気があれば、未経験歓迎の求人は攻略できる可能性がグンと上がります。

あなたの目指している業界や職種に合わせて、資格を取得してみてはいかがでしょうか?

仮に性別というハンデがあった場合、それを乗り越えられる強力な武器になるかもしれません。

 

高いWEBスキルを身に付ける

地元に根差した企業や老舗企業は平均年齢が高い傾向にあります。

会社のホームページ等もクオリティが低く、社内で扱える人がいない…なんてこともザラです。

 

もし「ホームページの更新ができる」「ネット関係のトラブルが発生した時に対応できる」というアピールが出来れば、かなりの好印象を与えることができます。

ホームページ一つで売り上げが大きく変わる世界です。

そういった強みを持てば需要が大きくなることは間違いありません。

 

辺境の地を狙う

都心部や駅近くにある企業は、通勤が便利なことから応募が殺到します。

事務職の募集ともなればなおさらです。

 

逆に言えば都心部から離れ、駅からも遠い場所にある企業は狙い目です。

特に駅から遠い、「〇〇駅よりバスで15分」というような場所は穴場です。

募集しているのに応募自体が無く、人手に困っている可能性が高いからです。

 

私が昔求人情報を調べていた時、明らかに魅力的な条件を提示している事務職の募集がありました。

簡単な業務内容・高めの給与設定・残業ゼロという、素晴らしい好条件でした。

しかしそこに問い合わせてみると、「まだ応募は来てないですねぇ…」とのこと。

 

調べてみると、その企業は「駅からバスで20分」という辺境の地にあったのです。

女性の応募者が多い事務職は、駅から遠いという理由だけで避けられてしまうんですね。

こういった場所も視野に入れることで、転職成功率が格段に上がりますよ。

 

男性におすすめの事務職

ここでは一般的に男性が活躍している事務職、男性におすすめの事務職をご紹介していきます。

職種ごとの特徴も一緒にご紹介していきますので、参考にしていただければ幸いです。

 

総務事務

いわゆる「何でも屋」というイメージですが、まさにその通りです。

会社によりその業務内容はまちまちですが、書類作成から備品発注・管理、株主総会や社内イベントの企画・運営、人事や労務の仕事、郵便物の発送・仕分け、来客対応等、幅広い業務に対応します。

多くの業務に携わることが出来るので、その分知識やスキルが身に付くのも魅力的です。

 

社内・社外共にコミュニケーションが多い為、コミュニケーションスキルが求められます。

またサポートのプロフェッショナルである為、臨機応変な対応や几帳面さも重要です。

 

総務は比較的残業が少ない会社が多く、プライベートを大切にできます。

平均年収は300万前半なので、ちょうど事務職の平均金額ぐらいでしょうか。

 

経理事務

経理は男性でも活躍されている方が多いですね。

会社の金庫番とも言える経理は、現金の入出金、預金管理、請求書の発行、伝票・帳簿の管理等を行います。

また給与計算や税金関連の計算・支払い、年末調整等、お金に関わる全ての業務を担当します。

 

高い集中力や処理能力、慎重さや真面目さが要求される仕事です。

簿記やFP等の資格を取りつつその道を極めれば、需要も大きく高まります。

 

経理の平均年収は360万前後とされていますが、経験や会社によって大きく異なります。

残業時間は月10~20時間が多いとされていますが、これも大きなバラつきがあります。

月末月初や年末等、特定のタイミングで忙しくなるため、その時期に残業が増えるかもしれないですね。

 

営業事務

営業事務は、業界や会社によっては男性を募集している所が多数あります。

 

営業事務はその名の通り営業のサポートを担当しますが、事務とは言いつつも会社によっては交渉や電話営業等、営業に近い仕事も担当します。

そのような仕事内容もあり、男性の募集が増えているのかもしれません。

少なくとも、男性も活躍できる職種であることは間違いありません。

 

営業事務の平均年収は350万前後とされていますが、これも会社によってまちまちです。

残業時間は月10~20時間が多いので、プライベートは充分に確保できる職種です。

 

医療事務

男性の医療事務はもともと需要が無かったのですが、近年採用が増えてきています。

その理由としては夜勤を任せられることや、責任者候補としての採用ができることです。

 

仕事内容は受付・レセプト業務、診察料の回収、患者搬送の補助等です。

 

ただ医療事務の平均年収は300万円前後と言われ、地域や病院によっては200万円程度の場合もあります。

男性の需要は高まってきていますが、収入面には厳しいものがありますね。

 

幹部候補・管理職候補の事務

まれに幹部候補や管理職候補として男性事務員の求人が出ています。

仕事内容はその求人によりますが、男性限定で給与も高いケースがほとんどです。

 

いずれは経営に携わるような重要なポジションに就くことになる為、高い管理能力や精神力が必要になります。

また、残業も多いことが予想される為ライフワークバランスの成立は難しいかもしれません。

強靭なメンタルを持ち、野心に溢れている人におすすめの職種と言えます。

 

不動産の契約事務

宅地建物取引士の資格を取れば、不動産の契約事務の仕事があります。

残業が少なく、激務でもないのに収入が高いという、素晴らしいコストパフォーマンスを誇っています。

その上求人数も多いのですが、なぜだと思いますか?

 

実は不動産屋は、コンビニよりも多いと言われているんです。

つまり資格保有者が多くても、需要に対して供給が追い付いていないのです。

契約業務の重要事項説明は宅建士の独占業務ですし、そもそも不動産会社は社員5人に対して1人の割合で宅建士を雇わなければいけません。

 

宅建が人気の理由もうなずけますよね。

決して簡単ではありませんが、全くの素人でも暗記で取れる唯一の国家資格です。

一度検討してみるのも面白いかもしれません。

 

事務100%を狙わない

これは私の個人的な意見ですが、事務100%の仕事を狙わないという手もあります。

例えば、事務作業も担当している営業であれば「午前は書類作成、午後は営業」のようなパターンもあります。

 

私は一日中出ずっぱりの営業も、一日中事務所に引きこもる事務も経験しましたが、正直半々が理想だと思いました。

取引先や友人の仕事を見ると、結構半々で働いている人が多いことにびっくりしたのです。

それこそ午前中に事務作業を行い、午後から外回りに出かけるというようなスタイルですね。

 

事務作業と営業両方のスキルを身に付けられるのは素晴らしいと思いますし、何より一日中事務所にこもる生活が続くと気が滅入ってしまうこともあります。

そういった意味で事務所作業と外出の両方があるのは、非常に働きやすいのではないかと思います。

 

しかしそんな都合の良い求人が簡単に見つかるのか、合ったとしても求人情報に明記されているのか?

さすがに疑問に感じてしまいますよね。

そんな時こそ、転職エージェントを存分に活用しましょう。

 

転職エージェントの担当者は企業に直接訪問し、詳しい仕事内容を直接聞いています。

つまり、転職エージェントに条件を伝え、そういった求人を紹介してもらうのです。

 

ただ、それを実現する為には一つ欠かせない条件があります。

それは利用者とエージェント担当者の距離感が近く、丁寧にサポートをしてもらう必要があるということです。

大手の転職エージェントのように利用者が多すぎると、一人一人に対しての細かい対応ができなくなるからです。

 

当サイトではキャリアスタートという転職エージェントをおすすめしています。

20代の若手を専門にした少数精鋭の転職エージェントで、徹底した二人三脚のサポートを行っています。

マンツーマンでの面談ではあなたの希望をより明確に伝え、条件に合った求人を紹介してもらうことができます。

 

どんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

また、転職に大失敗した私の経験談も参考になるかと思い、記事にしてみました。

失敗の全てを赤裸々に綴ってありますので、反面教師としてぜひ参考にしてやってください。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

キャリアスタートは、必ずあなたの希望を叶える為にサポートしてくれます。

このチャンスを活かし、よりあなたの個性が活かせるような仕事を見つけて下さいね。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談

 

決めたなら迷わない

ここまでお読みいただき、いかがでしたでしょうか?

もし「やっぱり事務職に就きたい!」と思うのなら、100%の気持ちで突き進みましょう。

99%では足りません、1%の迷いがあると気持ちが揺らぐからです。

 

ほんの10年前だったら男性が事務職に就くというのは本当に狭き門でした。

しかし今なら、覚悟と行動次第で実現することは可能です。

今でも男性の事務職に対する偏見はゼロではありませんが、他人の下らない価値観なんて無視しましょう。

 

自分がやりたいと思った仕事に就くのが一番です。

あなたが男性事務職として活躍し、豊かな人生を歩むことを心から応援しています。