営業職への転職を考えているけど、自分に合っているのだろうか?

営業と言っても色々な種類があるし、やりがいもある分大変みたいだし…

イメージができず、こんな風に悩んでいませんか?

 

確かに営業には向き不向きがありますし、形態・手法・顧客・社風によって仕事内容が大きく異なります。

充分な調査や検討をしないまま入社し、早期退職してしまう人たちが多い職種でもあります。

 

そこで、現役営業マンたちの声を集めてみました。

企業説明会ではネガティブなことは当然言わないですし、やっぱりリアルな声を聞いて判断したいですよね。

 

こちらでは現役営業マンたちのリアルな声をご紹介していきたいと思います。

あなた自身が営業に向いているのか、「本当にやりたいのか」を再度確認してみて下さい。

 

やりがい・魅力について

まずは現役営業マンたちが語る、営業のやりがいや魅力をご紹介していきます。

20代男性 IT企業勤務 法人営業

営業は大変ですが、営業ならではの楽しさや魅力があります。

自分の頑張りがそのまま数字として表れるので達成感を感じられますし、ボーナスにも反映されやすいと感じています。

こんな風に結果が数字としてはっきりわかること、努力が報酬として返ってくることは、営業にしかない魅力や楽しさだと思います。

30代男性 商社勤務 新規営業/ルート営業

営業は外に出る機会が多い為、社外のことを勉強できるのが嬉しいです。

様々な環境で様々な人と関わるので、より多くの価値観や考え方に触れることができます。

内勤業務にはない強みですし、幅広い人脈を築けるのは営業の大きな魅力です。

余談ですが、お昼も自由に使えるので美味しいお店を探したりするのも楽しいですね。

20代男性 個人向けセールス営業

自分が勧めた商品を購入してくれた時は本当に嬉しいです。

当然ですが、セールス営業は簡単には商品が売れません。

資料作成や地道なコミュニケーションと苦労を重ねた末の結果なので、成約に至った時の満足感・達成感はハンパないです(笑)

30代男性 法人営業

営業のスキル自体が、生きる上で役に立ちます。

本当の意味で営業をできるようになればこの先どこでも通用するし、自分の人生の保障になります。

そんな手応えを感じられたのが営業職です。

30代男性 生命保険会社勤務 個人営業

やっているうちにコミュニケーションや契約の取り方のコツが分かってくる所が面白いです。

誠意を持って接していく中で、相手が心を開いたと感じる瞬間は嬉しいですし、営業が楽しいと感じます。

事務系の仕事では味わえない達成感ですし、結果が数字として見えることにはやりがいも感じていました。

数字を上げる為に日々試行錯誤することで、どんどん成長していくことができます。

20代男性 IT企業勤務 法人営業

営業は商品ではなく自分自身を売り込むものなので、そこに楽しさを感じています。

「〇〇君だったら契約するよ」「いつもありがとう」等、嬉しい言葉をもらえるようになると本当に楽しいです。

こちらが営業しているにも関わらず感謝の言葉をもらえると、契約とは別の喜びを感じます。

20代男性 法人営業

「商品を売り、数字を上げる」という目的が明確なので、方向が定まっていてやりやすいです。

夢中になって仕事に取り組むことができるのもいいですし、いずれ別の職種に転職するにしても、営業で学んだスキルは必ず役に立ちます。

20代男性 法人営業

私はあまりトークが得意ではないのですが、自社の商品でお客さんの悩みを解決できることに楽しさを感じています。

商品を売ること自体よりも、自分が考えて提案した内容でお客さんの悩みを解決できることが楽しいです。

数字は後から付いてきます。

こんな私でもネットで勉強した営業スキルを使って上手くやれているので、やり方一つで何とかなるんだと思いました。

 

悩み・大変なこと

続いて現役営業マン、元営業マンが語る悩み・大変だったことをご紹介していきます。

20代男性 IT企業勤務 法人営業

営業手当(みなし残業代)が基本給に含まれており、実質「定額使いたい方放題」の状態。

業務量から考えて定時上がりはまず不可能だが、どれだけ残業しても給料が1円も変わらない。

比較的残業の少ない内勤業務陣と給料がほとんど変わらないと思うと、モチベーションが上がらない。

30代男性 備品販売 法人営業

一度断られた客先にも再度アポ取りをしたり、粘り強くやっていかないと訪問先が無くなっていきます。

その為、過去に怒鳴られたり冷たい対応をされた企業にも嫌々電話しなければいけません。

何とかアポを取れてもドタキャンされることも珍しくなく、結果が出なければ上司から詰められ…

神経をすり減らす毎日に疲れてしまいます。

20代女性 個人向けセールス営業

「巧みに商品を売る=相手をだましている」と感じる時があり、

上司から厳しい指導を受ける度、この考えが頭をよぎってしまいます。

営業という仕事は理解していたつもりですし、こんなメンタルでは務まらないことも重々承知しています。

それでも、本当に必要としていない人に対して「強引に売る」ということに抵抗を感じてしまいます。

今は顧客第一に考えられる会社への転職を検討しています。

30代男性 メーカー勤務 ルート営業

不良品や欠品の連続で、もはや謝ることが仕事になっている。

新規開拓をやっていた時は強気な感じで攻めていたので、それなりにやりがいはありました。

しかしルート営業になってからは顧客のご機嫌取りが必要になり、理不尽な要求も飲み込まざるを得ません。

本当はもっと営業らしく商品を売り込んでいきたいのに、自分のスタイルと会社のスタイルが合わない為、やりがいのない仕事内容が辛いです。

30代男性 元法人営業

営業職に就いていた時は休日も契約のことが頭から離れず、心が休まりませんでした。

いつ電話が鳴るかもわからないですし、成約した案件もドタキャン等があるので、不安や緊張感がなくなりません。

仕事とプライベートの境目がなくなり、完全なプライベートというものが確保できなくなります。

30代男性 元商社勤務 法人営業

納期にルーズな海外から商品を仕入れ、納期に厳しい国内に商品を卸す。

そんな状況からクレームが絶えず、怒鳴られ続け、謝り続け、サンドバック状態の毎日。

どれだけ納期に余裕を持たせて発注をしても、念を押しても、悪い意味で必ず期待を裏切ってきます。

また、数字の為なら社員はどれだけ酷使しても構わないという社風も無理でした。

営業職として働くなら、とにかくホワイト企業を選ばないとダメだと思いました。

 

長所・短所のまとめ

ここで営業職の長所・短所を簡潔にまとめてみたいと思います。

長所

・結果が収入に繋がりやすく、出世しやすい

・外出が多く、スケジュールを自由に組むことができる

・多くの人脈を築きながら、人として成長することができる

・人の役に立てること、人から感謝されること

・交渉スキル、コミュニケーションスキル等、今後の人生に役立つスキルを得られる

・会社の売上・利益に直接貢献することができる

・成約した時の達成感・満足感等、大きな喜びを得られる

・結果が明確に数字に表れる為、モチベーションを維持しやすい

 

短所

・ノルマ・数字を常に追いかけなければならない

・結果が全ての為、努力だけでは評価されない

・ホワイト企業を選ばないと過酷な労働を強いられる

・粘り強いアポ取りやクレーム対応と、神経をすり減らす仕事が多い

・仕事とプライベートの境界線がなくなり、オフの時間にも完全には落ち着けない

 

「やりたい」と「できる」は違う

営業は、仕事のやりがいや自分の成長を楽しめるような、前向きな気持ちを持っていなければ務まらない仕事です。

・常に人と接していること

・会社の看板を背負って飛び回ること

・数字を追いかけること etc...

その他どれを取っても、前向きな気持ちがなければやりがいを見出せない仕事内容です。

 

内勤業務や製造職のように、人と接していない時間が多い職種はモチベーションが低くても何とかなります。

言い方は悪いですが、あくびをしようがテンションが低かろうが、作業さえこなしていれば問題ないからです。

 

しかし、営業はそうはいきません。

お客さんの前で不機嫌な態度をとるわけにはいかないですし、嫌々数字を追い続けるのには限界があります。

仕事のやりがいや自分の成長を楽しむことができなければ、長期的に続けることは難しいです。

 

これは私の友人の話ですが、その友人は「優秀だけど人と接することが好きじゃない」営業マンでした。

仕事として割り切り、残業や丁寧なコミュニケーションを続け、社内でも上位に入る営業マンでした。

 

しかし彼は人と接すること、お客さんに感謝されることに全く喜びを見出せなかったのです。

どれだけ売上が伸びても、お客さんから感謝されても、嬉しいどころかモチベーションが下がるそうなんです。

結局その友人は転職を決意しました。

 

彼は、「営業は人が好きじゃないと無理だ」と言っていました。更に、

「どれだけ数字を出して周りから評価されても自分はしんどいだけだし、モチベーションが維持できない」とも言っていました。

 

もともとクールなタイプで何でも卒なくこなし、黙々と結果を出すタイプの人だったので正直驚きました。

その彼が言うぐらいなので、本当に「できる」だけでは難しい仕事なのだと痛感しました。

 

もしあなたが今営業職を検討しているのであれば、何か一つ以上「楽しみ」を見つけてみて下さい。

人と接すること、成長すること、結果を出すこと、何でもいいと思います。

営業職の長所を魅力として捉えられる人が、営業マンに向いているのだと思います。

 

この記事で営業の長所・短所、それぞれの特徴は大体掴んでいただけたかと思います。

後はあなたがそれを魅力に感じるのか、ストレスに感じるのかです。

 

後悔のないよう、充分に検討を重ねて下さいね。

※営業の場合は特に、ブラック企業に気を付けて下さい。

 

ホワイト企業の営業職を探すなら

営業職で仕事を探すなら、他のどんな職種よりも注意が必要です。

営業は一番ブラックな労働環境が多い職種だからです。

充実した楽しい生活を送る為にも、必ずホワイト企業を見つけられるようにしましょう。

 

転職エージェントを利用すれば、比較的ブラック企業は避けやすくなります。

担当者が企業を直接訪問しているので、事前にどんな会社なのか確認をすることができるからです。

それに転職エージェントも、極力ブラック企業の求人は扱わないように気を付けているはずです。

 

それでも人がやっている以上100%の安全は存在しません。

そこで重要になってくるのが、いかにエージェントの担当者と近い距離感でやり取りができるかということです。

 

こちらの要望をしっかりと伝えられ、気兼ねなく質問できる関係性が必要不可欠です。

その関係性こそがブラック企業を避け、より優良な求人に出会える可能性を高めてくれるからです。

 

当サイトではキャリアスタートという転職エージェントをおすすめしています。

20代の若手を専門にした少数精鋭の転職エージェントで、徹底した二人三脚のサポートを行っています。

 

時間を充分に確保したマンツーマンの面談では、あなたの希望をより確実に伝えることができます。

利用者の多い大手ではないからこそ実現可能な、丁寧かつ親身なサポート体制です。

 

キャリアスタートがどんな転職エージェントなのかイメージしやすいよう、利用者の声をまとめてみました。

ぜひこちらの記事を参考にしてみて下さい。

→ キャリアスタートを利用して、幸せを掴んだ転職者たちの声

 

また、転職に大失敗した私の経験談も参考になるかと思い記事にしてみました。

失敗の全てを赤裸々に綴ってありますので、反面教師としてぜひ参考にしてやってください。

→ 私の転職失敗談、その原因とは?【私は一度、全てを失った】

 

キャリアスタートは、あなたがホワイト企業の営業職を見つける為のサポートをしてくれます。

上手く活用し、必ずホワイト企業への入社を決めて下さいね。

→ まずはキャリアスタートへ無料相談

 

 

→他の職種についての声も見てみる