製造業が気になっているけど、なかなか仕事のイメージがつかない…

やりがいや悩みはもちろん、現場のリアルな雰囲気も気になりませんか?

特に現場の雰囲気は実際に働いてみないとわからないので、色々と想像してしまいますよね。

 

私は工場勤務の経験もありますが、世間一般のイメージと現場の雰囲気は少し違いがあるように思います。

「人間関係のストレスが少なそう」等の曖昧なイメージだけで入社してしまうと、後悔するかもしれません。

 

仕事の内情を知る為には、実際に製造業に勤めている人たちの声を聞くのが一番です。

 

こちらでは製造業に勤めている人たちの、リアルな声を集めてみました。

やりがい・魅力から悩み・大変なことまで幅広い声を集めたので、ぜひ参考にして下さいね!

 

やりがい・魅力について

まずはやりがい・魅力についての声からご紹介していきます。

30代男性

自分の好きな自動車産業に携われているので、仕事が楽しいです。

世界でもトップレベルの品質を誇るモノづくりに携われており、仕事に誇りを持っています。

20代男性

コミュニケーションが苦手な自分でも活躍できるのが嬉しいです。

販売職のように接客もなければ、営業職のように会議や打ち合わせもありません。

自分の苦手な分野で戦わずに済むので、頑張ることができます。

30代女性

食品関係の工場で勤務していますが、スーパーで自社の製品を見かけたり、売れているのを見ると嬉しくなります。

より品質の高い製品を作る為に頑張ろうと思えます。

30代女性

土日祝日をしっかり休めること、大型連休もしっかり確保できること、有休が取りやすいこと、

子供がいる為休みが安定していることが非常にありがたいです。

30代男性

自社で製造した部品が、世の中で必要不可欠なものであることが嬉しいです。

社会貢献しているという意識を強く持てます。

30代男性

残業がほとんどなく、毎日定時で帰れる。

福利厚生もしっかりしているし、給料も労力に見合った分をもらえているので満足です。

30代男性

製造に使う機械は簡単に扱えるものではないのですが、自分がそれを扱えることに誇りを持っています。

20代男性

働いている人の年齢層が幅広いので、未経験でも始めやすいですし、人間関係も落ち着いています。

年齢層にバラつきがある方が必要以上に干渉しなくなりますし、気楽に働けます。

 

悩み・大変なこと

続いて製造業に勤める人たちの、悩み・大変なことについての声をご紹介していきます。

20代男性

担当が明確に分かれている為、仕事中人との関わりが無い。

一人で黙々と作業する日が続くと、働いている意味を考えてしまう。

30代男性

基本立ち仕事となるので、体調が悪い日は体力的にきついです。

危険な機械に囲まれている為、疲れていても気を抜くことは許されません。

20代女性

一度仕事に慣れてしまうと後は同じ作業の繰り返しなので、変化がなくなります。

私はコツコツ作業をするのが得意な方ですが、それでも退屈に感じる時があります。

また、特別なスキルが身に付かないことに不安を覚えます。

30代男性

残業が多いのに給料が安く、割に合わない。

30代女性

人間関係が悪く、余計なストレスが貯まる。

特に上の役職の人間たちが情報共有できておらず、こちらが丁寧に報告しても全く機能していない。

20代男性

繁忙期になると急に残業が増えます。

暇な時期と忙しい時期の差が激しすぎるのが難点です。

 

長所・短所のまとめ

ここで製造業の長所・短所をまとめてみたいと思います。

 

長所

・モノづくりが好きなら仕事に誇りが持てる

・自社の製品が世の中に普及していることで、社会貢献を感じられる

・コミュニケーションスキルが無くても活躍できる

・自分のペースで仕事ができる

・休日・勤務時間など労働条件が安定している

・年齢層が幅広い為、未経験でも始めやすい

・人間関係が比較的良好な傾向にある

・収入・福利厚生などの待遇面もしっかりしている

 

短所

・人との関わりが少なすぎる

・立ち仕事の為、体力的にきつい

・現場仕事の為、危険が伴う

・同じ作業の繰り返しの為、退屈な上にスキルアップできない

・会社によっては給料が安く、残業も多い

・繁忙期と閑散期の差が激しい

 

収入・労働条件・特徴について

製造職に勤めている人たちの声を見てみると、労働条件に関する意見が多いですね。

それだけ「勤務時間・休日」について気にする人が多い職種なのかもしれません。

 

基本的に製造職に勤める時は、大手企業が良いとされています。

規模が大きければ大きいほど体制が整っていますし、待遇や労働条件も良い傾向にあるからです。

 

規模の小さい工場では残業や休日出勤が当たり前のところもあります。

土日祝日休みで毎日定時帰りの人もいれば、連日の残業に休日出勤までしている人もいるので、転職するなら慎重に選ぶ必要があります。

 

ところで、あなたは製造業(工場勤務)の平均年収が比較的高いのをご存じでしたか?

もちろん平均年収なので参考程度にしかなりませんが、

20代 300~400万円
30代 400~500万円
40代 500~600万円

となっています。こうやって見ると、なかなかの収入に感じますよね。

 

デンソーのような一部の大企業では、工場勤務でも年収1000万に届く人もいるそうなので、

そういった一部の人たちが平均年収を吊り上げているのも事実です。

 

それでも事務職や販売職と同等以上の収入があると考えられます。

体力的にもきついですし、それだけ大変な仕事だということですよね。

 

職業柄特徴がはっきりしているので、向き不向きが極端に表れる仕事だと思います。

「ビジネス特有の堅苦しい雰囲気や人とのコミュニケーションが苦手だけど、真面目にコツコツ作業するのは得意」という方には天職かもしれないですね。

 

特に「顧客との直接的な関わりが無い」のは、私も魅力的だと思います。

自分のペースで仕事ができますし、急な残業や休日の呼び出しも発生しないですし、落ち着いて働くことができますよね。

 

製造業の長所や短所・特徴を踏まえ、充分に検討してみてください。

もしあなたとの性格と合っていれば、素晴らしい出会いとなるかもしれません。

 

製造業を検討するなら

どこの転職エージェントも製造業・工場勤務の求人には弱い傾向があります。

当サイトでは製造業・工場勤務に関してのみ【工場ワークス】という転職サイトをおすすめしています。

業界No.1の転職サイトで、利用者からも非常に高い評価を得ています。

 

こちらの記事でサイトについての詳細な説明や、実際の利用者の体験談をご紹介しています。

→ 製造業・工場勤務の求人に特化した【工場ワークス】※体験談有り

参考になる内容になっていますので、製造業・工場勤務に興味があればぜひご覧になってみてください。

 

【工場ワークス】にはマッチングメールというサービスがあります。

あなたの希望に合った求人のみを、定期的にメールで配信してくれるサービスです。

とりあえず登録しておくだけでも多数の求人を比較検討できるので、すごく便利です。

 

ぜひあなたの仕事探しに役立ててくださいね。

→他の職種についての声も見てみる