【自分の気持ちに正直に生きる】

こんなにも当たり前で、途方もなく難しいことがあるでしょうか?

 

人は誰だって自分の気持ちに正直でいたいはずです。

自分の気持ちに嘘をつくと胸が苦しくなるからです。

それでも「常識」を優先し、自分の気持ちを封じ込めてしまうのが私たち人間です。

 

そう考えると、私たちにとって唯一にして最大の敵は自分自身に思えてきませんか?

例えば、どんな悩みも周りの環境が原因ですが、それとどう関わっていくかを決めるのは自分自身です。

でもなぜか私たちは自分の気持ち以外の、外部の要因ばかり考えて答えを出しませんか?

 

私たちは洗脳されているのか?

日本は、集団主義と言われていますよね。

子供の頃から受けてきた教育を思い出してみて下さい。

皆に合わせること、空気を乱さないこと…常に調和を重んじるよう教育をされてきましたよね。

 

私たちは幼い頃から、将来は社会の歯車の一つとして機能するように教育を受けてきました。

だからこそ空気を読むこと、組織に溶け込むことには長けています。

 

しかし、それが原因で常に社会を基準に物事を考えてしまうのです。

「この行動は相手に迷惑をかけてしまうのではないか?非常識ではないか?」

そんなことばかりを考えて、自分の気持ちを封じ込めてしまうことが多々あります。

 

対人恐怖症という病名はよく耳にしますよね。

対人場面で不安や緊張が起こり、相手に嫌われるのではないか?不快な思いをさせてしまうのではないか?

そんな恐怖を感じる神経症のことです。

 

実はこれ、日本人特有の病気であることはご存じでしたか?

海外でもゼロというわけではありませんが、日本の文化で発症する特有の病気だと言われています。

 

もちろん日本の文化にも良いところはたくさんあります。

ただ、周りへの気遣いの度が過ぎていたり、自己肯定感が低いのは生きていく上で危険です。

 

自己肯定感が低いと他人から利用されたり騙されたり、不幸な出来事が多くなります。

自己肯定感はそのまま幸福度に繋がるので、常に高く保てるようポジティブに生きていかなければいけません。

 

不思議とこの話を知っておくだけで、「自分は自分らしく在ろう」と思えませんか?

何事も背景を知っておくだけで、免疫力が強化されるのです。

 

もちろん組織に入る以上は、調和を大切にする必要はあります。

ただそれは自分自身の居場所を作る為であり、決して組織を優先するわけではありません。

その気持ちを持っていれば洗脳されることもないですし、会社で社畜にされることもありません。

 

環境を作る力とは?

私たちはいつでも自分の行動次第で環境を変えることができます。

私たちの行動は環境を変えますし、環境もまた私たちの行動に影響を与えます。

 

そこで重要なのは、常に主体性を持って行動をすることです。

受動的になると流されるままになり、自分にとって不本意な環境で過ごすことになります。

 

例えば転職をする時、「給料も悪くないし…」のように何となくで決めてしまうと失敗する可能性がありますよね。

実はサービス残業が多かった、仕事内容が思った以上に合わなかった etc...

しかも受動的な人は、ここで戦うことも逃げることもできず疲れ果てるまで我慢してしまうんですよね。

 

だからこそ自分の意志を明確にし、主体的に行動することでより良い環境を作るのです。

自分が本気で頑張れる環境を作ることができれば、毎日輝いて過ごすことができます。

 

そうすると良いオーラが良いものを引き寄せ、物事が好転し続けます。

どんな物事も、スタートの時点である程度の結果が出ているんですよね。

 

突然ですが、最近の若者は素晴らしいと思います。

よく入社当日に辞めるだの、権利の主張ばかりをするだの、上の世代の人からは叩かれていますよね。

 

確かに、決して褒められる行為ではないかもしれません。

でも、毎日会社の愚痴を言いながら辞めもせず、その愚痴を言っている会社で働かせてもらい、給料をもらい、生活が成り立つ…

そんな情けない生き方をするよりは、はっきりと自己主張する方が生産的です。

 

辞めることも、権利を主張することも、環境を改善する為の重要な行動です。

もちろん我慢すべき時はありますが、全てにおいて従順になるのは間違いです。

 

組織で生きていく以上は最低限のマナーは守らなければいけません。

でもそれ以上に、自分らしく在ろうとすることを忘れてはいけません。

その場所が自分にとって輝ける場所であり、全力で打ち込める環境であることが大切だからです。

 

お互いにとって利益が生まれるそんな関係こそ、本当のWin-Winであると私は思います。

主体性を持って行動をすることだけが、良い環境を作る唯一の手段なのです。

 

正解を決める勇気を持とう

自分の本心こそが正解なのだと、頭ではわかっていても決断するのは怖いですよね。

それでも私たちは自分で正解を決めていかなければ、幸せを掴み取ることはできません。

 

私はよく「他人は他人、自分は自分」という言葉を使います。

でも、こうやってわざわざ口に出してアピールするということは、まだ割り切れていないのだと思います。

何かを決断する時、少なからず周りの目を気にしてしまっているのだと思います。

 

人の考え方・価値観は十人十色です。

皆違う遺伝子を持って生まれ、違う環境で育ってきました。

だから正しいと思うことは、皆違って当たり前なのです。

 

私は今こうやって転職サイトを運営していますが、「会社を辞める」ということについては重く捉えていません。

むしろ辞めたいのに決断を先延ばしにし、貴重な時間を無駄にする方がよっぽど重大な損失だと考えています。

 

でも中には厳格な家庭で育ち、「会社を簡単に辞めるなんてあり得ない」と考えている人もいます。

そういった人からしたら、私の考え方は明らかに異常だと思います。

 

このように対立するような考え方もたくさんありますし、意見が完全に一致する方が珍しいのかもしれません。

だからこそ私たちは周りの目を気にせず、自分で正解を決める勇気を持たなければいけません。

誰かの目を気にするということは、その「誰か」に正解を決められているのと同じですから。

 

極論「自分との戦い」である

極論ですが、何事も突き詰めれば自分との戦いです。

嫌な仕事、腹の立つ上司、友人との喧嘩、恋人との関係、給料日前の金欠 etc...

生きていると色々な悩み事がありますよね。

 

こういった悩み事の原因は周りの環境によるものがほとんどです。

でも、この「周りの環境」とどう関わるかを決めるのは私たち自身です。

 

例えば「嫌だ、もう生きているのも辛い…」と思うほど、仕事があなたを追い詰めているとします。

迫る納期、上司からの罵倒、長時間の残業、客先からのクレーム、地獄のような日々…(私の体験談ですが)

 

でもこれ、「辞めます」のたった一言で終わるんですよ?

成長する為に挑戦することも、体調面を考えて撤退することもできるんです。

何なら、今からバックれることだって可能なわけです。

 

それをしない理由は何でしょうか?

会社・客先に迷惑がかかるから?非常識だから?

私は昔ブラック企業をなかなか辞められなかった時、このような理由を口にしていました。

 

人手が足りない中辞めたら迷惑がかかる、仕事を放りだすなんて無責任だ etc...

こんな常識人ぶった綺麗な言葉を並べ、生きるか死ぬかの瀬戸際で辞めることを躊躇していました。

 

でも今なら違ったんだと断言できます、本当はすごく保守的な理由だったんです。

「非常識だと思われたくない」「嫌われたくない」「攻撃の対象になったらどうしよう」

こんなしょうもない、自分が可愛いだけの理由でした。

 

私は目の前の問題と向き合うことから逃げ回り、負け犬根性が染み付いていたのです。

だからこそ環境も、自分自身も何一つ改善されず、苦しむだけの無駄な時間がいつまでも終わらなかったんです。

 

環境なんて、他人なんて関係ありません。

皆自分のやりたいように、好きなように生きています。

だから私たちも同じように、自分の意志を貫いていけばいいのです。

 

戦うのか、逃げるのか、何もできずに苦しみ続けるのか…

何かの壁にぶつかった時は、この三つの選択肢しかありません。

前者の二つを選ばなければ、私のように自業自得で苦しみ続けることになります。

 

そんな道は決して選ばないで下さいね。

もしそんな道にハマってしまっているなら、どうか最後の気力を振り絞って自分と向き合って下さい。

この苦しみを乗り越えた先に、穏やか日々が待っているはずです。

 

自分の気持ちに正直に生きよう

日々社会の中で必死に生きていると、「自分らしさって何だろう?」なんて思ってしまうこともありますよね。

【自分の気持ちに正直に生きる】

こんなにも当たり前で、何よりも難しいことはないと思います。

 

でもこの課題こそが、私たちが時間をかけてでも目指すべきゴールなのだと思います。

私もまだまだゴールには程遠いですが、共に人生を歩み続け、幸せを掴み取りましょう。